本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

バイデン、ペイリンの副大統領候補討論を6,990万人が視聴

2分で読めるシリーズ|2008年10月

火曜日の夜、6990万人の視聴者が、ジョー・バイデン氏とサラ・ペイリン氏による唯一の副大統領選討論会を視聴しました。

バイデン対ペイリン戦は、1984年にジェラルディン・フェラーロ下院議員とジョージ・H・W・ブッシュ副大統領(当時)が行った討論会の5670万人の視聴者数を上回り、副大統領討論会のテレビ視聴者数の新記録となりました※。 

バイデン氏とペイリン氏の討論会は、先週金曜日の夜に行われたバラク・オバマ氏とジョン・マケイン氏の第1回大統領選討論会をも上回り、5240万人の聴衆を集めました。

前回2004年の大統領選挙では、ディック・チェイニー副大統領とジョン・エドワーズ上院議員の副大統領討論会が行われ、4360万人の視聴者を集めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイデン-ペイリン討論会の模様は、ABC、CBS、FOX、NBC、テレフューチュラ、テレムンド、BBC-アメリカ、CNBC、CNN、FOXニュースチャンネル、MSNBCで木曜日夜9時頃から10時半頃まで生中継されました(東部標準時)。

*1984年以降、潜在的なテレビ視聴者の数は大幅に増加しています。

メディアアラートの全文を見る

ロイターロサンゼルスタイムズボストングローブワシントンポストアルジャジーラアドエージ、メディアウィークによるニールセンの調査結果の報道をご覧ください。

同じトピックを見続ける