本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

アジア系アメリカ人のデジタルTVへの準備不足

1分で読めるシリーズ|2008年8月

Multichannel Newsが土曜日に報じたところによると、来年2月にテレビのアナログからデジタルへの移行が行われる際、アジア系アメリカ人はテレビ放送にアクセスできなくなる危険性が高いとのことです。

ニールセンによると、今年7月時点で、米国に住むアジア系移民の13%がデジタル放送を受信できないテレビを所有しています。 

ニールセンのアン・エリオット氏は、月曜日にサンディエゴ・ユニオン・トリビューン紙が掲載した別の記事で、経済的・文化的な理由から、デジタル機器の準備ができていない家庭が多いことを指摘しています。 

エリオット氏はユニオン・トリビューン紙に、黒人やヒスパニック系の世帯、35歳以下の人々もデジタル化への準備が不十分であることを指摘した。

ニールセンによると、2月現在、米国では1300万世帯以上がアナログ放送のみを受信するテレビを持っています。 さらに600万世帯が、2009年2月18日のデジタル放送への移行後に使えなくなるテレビを少なくとも1台持っているという。