本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

Bienvenido, Español 企業ウェブサイトにスペイン語を追加する。

2分で読めるシリーズ|2008年9月

2020年までには、米国住民の5人に1人がヒスパニック系またはラテン系になると言われています。 しかし、スペイン語を話すアメリカ人家庭が増加しているにもかかわらず、ほとんどの米国企業のカスタマーサービスやマーケティング用ウェブサイトは依然として英語のみであると、ニールセン・オンライン上級副社長のピート・ブラックショーは最新の Ad Ageコラムで指摘しています。

スペイン語のオンラインコンテンツが不足しているため、多くのヒスパニック系住民がオンライン消費者の議論から取り残されていると、Blackshaw 氏は主張しています。

「ブランドのウェブサイト、ミニサイト、Facebookのブランドページなどを調査すると、スペイン語のコンテンツが驚くほど少ない、あるいは(意図的であるかどうかにかかわらず)疎外されていることに気づくでしょう。 「ヒスパニック系やラテン系が購買層や新興購買層を占めているブランドでさえ、スペイン語のコンテンツが少ない、あるいは存在しないのはなぜでしょうか?

Blackshaw 氏によれば、スペイン語での広告とフィードバック、そして最終的には他の言語も可能にすることは、企業がスペイン語を話す消費者をオンラインに取り込むための2つの直接的な方法です。 

このアドバイスは現実的だが、ブラックショーによれば、本当の目的はもっと大きなものだという。

「最も重要なことは、ロイヤリティや支持を得る機会のあるすべての消費者を尊重することだ」と彼は書いている。 「私たちは、まだそれに近づいてもいないが、その可能性は大きい、いや、巨大だ。

Pete BlackshawのAd Age連載コラムの9月分をお読みください。

同じトピックを見続ける