本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

米国人のテレビ視聴はかつてないほど増加、ウェブとモバイルのビデオも増加

3分で読めるシリーズ|2009年5月

アメリカ人は「利用できる最高のスクリーン」でビデオを視聴することを選ぶかもしれませんが、従来のテレビは依然として選ばれ続けています。

ニールセンのAnywhere Anytime Media Measurement initiative(A2/M2)による四半期ごとの分析であるNielsen'sThree Screen Reportの最近の結果によると、平均的なアメリカ人が自宅で毎月約153時間テレビを見ており、昨年より1.2%増加しています。 また、インターネットでビデオを視聴している1億3100万人のアメリカ人は、自宅や職場で毎月平均ニールセンについて 3時間のビデオをオンラインで視聴しています。 携帯電話でビデオを視聴している1,340万人の米国人は、毎月平均ニールセンについて 3時間半のモバイルビデオを視聴しています。

すべての画面を見る時間を増やす

また、Nielsen のデータによると、消費者がテレビ、インターネット、モバイルのビデオを利用する時間は全体的に増加し 続けています。 2009 年第 1 四半期は、強力なブランドマーケティングと、大統領就任式スーパーボウルマーチマッドネスなどの大規模なメディアイベントの両方によって、オンラインビデオが 13% の成長を遂げました。 米国ではブロードバンドの普及が進んでおり、消費者が動画視聴の増加に対応するために PC をアップグレードし始めたため、オンライン動画の視聴者数は今後も増加すると思われます。 モバイル・ビデオ視聴は、前年度から52%という大幅な伸びを示し、1340万人に達しています。 この成長の多くは、モバイル・コンテンツの増加と、視聴の選択肢としてのモバイル・ウェブの台頭によるものです。

すべての異なる年齢層のうち、18-24歳はDVRとオンラインビデオを同じ時間見る兆候があり、毎月5時間47分タイムシフトし、毎月5時間3分オンラインビデオを見ます。

ニールセンのQ1 09 A2/M2Three Screen Reportの完全版をダウンロードすることができます。

家庭内テレビは、測定期間内に1分以上視聴したものを対象とする。ライブ視聴と7日以内の再生が含まれる。

DVRを中心に、Start Overなどのサービスでの再生や、DVDレコーダーからの再生も可能です。

* 家庭用テレビは、ライブ視聴に加え、7日以内の再生視聴を含みます。タイムシフトテレビは、主にDVRでの再生ですが、Start Overなどの再生サービスも含みます。

DVDレコーダーからの再生として

** インターネットは自宅と職場の両方から利用した場合の数値です。インターネットとビデオの利用時間:分は、インターネット利用者/オンラインビデオ視聴者を対象としたユニバースに基づく。

インターネットの数値はすべて、四半期を通した月平均値です。

^ 2009年第1四半期および2008年第4四半期の携帯電話およびモバイルビデオの月間平均ユニークユーザー数は、Nielsen Mobileの調査およびCTIAによる米国の無線契約数の予測に基づくものです。

期間中の過去30日間の利用状況を調査分析したビデオ利用者予測、利用時間、構成データ。本レポートにおける2009年1Qのモバイル動画視聴者数について

および2008年第4四半期は、あらゆる手段(モバイルウェブ、定額制、ダウンロード、アプリケーションを含む)でモバイルビデオにアクセスする携帯電話ユーザーを含みます。全携帯電話ユーザー数の見通し

加入者数は2歳以上を対象としています。モバイル動画視聴者数、およびその他のモバイル動画推計は、13歳以上の加入者ベースで算出。

ニールセンモバイルの調査は、13歳以上のユーザーを対象にモバイルビデオの利用状況を報告しています。従って、12-17は全モバイルデータのT13-17となります。

°° A65+のベースサイズが小さすぎて、モバイルビデオの時間:分を報告することができません。

同じトピックを見続ける