本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

Huluは、混雑した空間でブランド認知を高める。

2分で読めるシリーズ|2009年2月

ニールセン・オンライン社ブランドン・エシュマン

コンテンツは王様だ」という言葉がありますね。 しかし、コンテンツと利便性の組み合わせが、最終的に消費者を惹きつけるとしたらどうでしょう? 今日のメディアは、簡単にアクセスできる多くのフォーマットで提供されていることは周知の事実です。ビデオ、音楽、テレビ、ポッドキャストなど、手のひらで簡単にアクセスできるメディアがたくさんあります。 消費者は、何を見るか、いつそのコンテンツを見るか(あるいは参加するか)、究極の選択権を持っているのです。 Hulu、Fancast、Netflix、Xbox 360、その他多くのストリーミング・コンテンツ・サービスの人気が示すように、従来の視聴習慣とウェブの融合は必然的である。

実際、競合他社が多いので、1つのサービスで差別化を図るのは難しい。 しかし、Huluはかなりの話題性とブランド認知度を築いており、そのスーパーボウル広告はその一例と言えるでしょう。 2008年11月1日から2009年2月1日の間、Huluはオンラインコミュニティで1日平均ニールセンについて 300メンションを獲得しました。 スーパーボウル広告の翌日、Huluはオンラインで1,082件のブランド言及を集めました(259%の増加)。

ニールセンのBlogPulseによると、スーパーボウルの日曜日から月曜日にかけて、Huluは448の共有リンク、すなわちサイトへのリンクを流したブロガーを生み出しました。 Socialmedia.comは、Huluを「TweetBowl」の勝者として表彰しています。

アレック・ボールドウィンを起用したHuluのスーパーボウル広告

比較のため、Huluが配信したバラク・オバマ大統領の就任式は、Huluのスーパーボウル広告の半分の数のブランド言及を集めましたニールセンについて 。 もちろん、ニールセンについて オバマ大統領の就任式の話題は、ニールセンについて Hulu自体の話題をはるかに上回りますが、Huluのスーパーボウル広告は、より多くの口コミの話題ニールセンについて 、ブランドの認知度をさらに高めることに成功しました。 また、他のスーパーボウル広告を見るためにHuluに来た視聴者であっても、より多くの視聴者を惹きつけることができました。

Huluの広告は話題に影響を与え、そのコアメッセージである「ニールセンについて コンテンツと利便性」を強化しました。

同じトピックを見続ける