本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

オバマ大統領の記者会見で、ネットワークはニュース対ボトムラインのバランスをとる

1分で読めるシリーズ|2009年4月

オバマ大統領は今夜、就任100日目を迎え、1月以来3度目のゴールデンタイムの記者会見を行う。大統領からの放映時間の要請は、各ネットワークのニュースリソースだけでなく、全体的な収益にも負担をかけることになる。

午後8時の時間帯が、放送テレビ局にとって待望の広告費を生み出すことは周知の事実である。2月、ABC、CBS、FOX、NBCの4局は、水曜日の午後8時から午後9時(東部標準時)の平均収入が2150万ドルだった。そのようなお金が動いているため、ネットワークは公共サービスと財政的義務のバランスを取ることを余儀なくされています。

では、先取りしたゴールデンタイムの放送に高いお金を払って広告を掲載している広告主はどうなるのでしょうか。

ニールセンの広告情報サービス、モニタープラス社の販売開発担当副社長、アニー・トゥリアトス氏は、「そのような状況では、ネットワークは広告主との契約を履行するための別の方法を見つけるだろう」と語る。「彼らは、プログラミングをシフトしたり、別の週に広告を実行するために提供することができます。彼らはまた、広告主が視聴者の印象の同じレベルを提供するいくつかのスポットに広告購入を分散することができます。重要なのは、広告主は、彼らが効果的にターゲットオーディエンスに到達することを確認することです。

同じトピックを見続ける