本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

コール オブ デューティ」の新たな猛攻に備える販売店とゲームサーバー

5分で読めるシリーズ|2009年11月

高い評価を受けたファーストパーソンシューター「コール オブ デューティ 4 モダン・ウォーフェア」の続編「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」が本日発売され、ゲーマーと小売業者は、マルチプレイヤー・ゲームというレジ待ちのアクションに参加することを検討しているようです。 パブリッシャーであるActivisionと開発元のInfinity Wardは、ビデオゲーム史上最大の発売初週となることを期待しており、小売店では今年数少ない「確実な」作品となる可能性があります。 ゲームの利用動向、購入パターン、消費者の意識、インターネット上の話題を調べることで、Modern Warfareフランチャイズの習慣、プロファイル、小売店の嗜好をより深く理解することが可能です。

オンラインバズ

Modern Warfare』続編への大きな期待を背景に、ニールセンが発表した発売までの4週間のオンラインバズレベルは一貫して高いものでした。 発売3週間前には、マイクロソフトがXbox 360向けに「Call of Duty: Modern Warfare 2」のスペシャルエディションを発売することを決定し、話題性が急上昇しました。 発売5日前には、YouTubeにローンチトレーラーが投稿され、さらに話題性が高まり、予約率の高さが話題となりました。

COD_バズ

高いゲーム意識と先読み力

ニールセンの週刊ビデオゲーム追跡サービスのデータは、ネット上の話題を裏付けています。アクティブゲーマーは、「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」の存在を知っており、体験することを強く望んでいます。 さらに、このゲームは高品質であるとの期待も寄せられています。 このゲームの主要な指標は、今年5月にこのタイトルが初めてトラッキングに登場して以来、着実に成長しており、「コールオブ デューティ モダン・ウォーフェア2」は、認知度、購買意欲、評価、購買衝動などの指標においてベンチマークを上回っています。

アクティブなゲーマーは「Call of Duty: Modern Warfare 2」が発売されることを知っており、現在の単独での認知度は過去のベンチマーク(それぞれ12%対2%)の6倍、単独での認知度はビデオゲーム発売時の平均(平均26%対71%)の3倍近くとなっていることが明らかになりました。 先週、Call of Duty: Modern Warfare 2を認知したゲーマーの約半数がテレビ広告を見たと回答し(46%)、約3人に1人(30%)が友人や親戚、同僚を通じての口コミがゲームの認知に貢献したと述べ、ほぼ同じ割合(28%)がオンラインのプレビュー/レビューを見たと回答しています。

認知度は重要ですが、ニールセンのデータによると、Call of Duty: Modern Warfare 2は期待度の高いゲームでもあり、ここ数週間、発売初週に予約または購入すると答えたゲーマーの割合は、平均的なタイトルと比較して3~4倍(平均3%に対し9~12%)になっています。 Call of Duty: Modern Warfare 2』に対する現在の明確な購入意欲は、平均的なタイトルの約3倍(それぞれ21%対8%)、全体の購入意欲は約2倍(それぞれ37%対19%)であり、小売での強い需要があることがうかがえます。これらの潜在的な購入者は、このゲームが良いものであると期待しており、このゲームを知っている人は、平均よりも大幅に良い評価をしています(10点満点で7.7対6.8)。

購入の可能性

Modern Warfareのような有名タイトルの購入に加え、Nielsen Homescan for Video Gameによると、オリジナル・タイトルを購入した世帯は、一般的なビデオゲーム購入世帯と比べて年間約3倍の金額をビデオゲームの購入に費やしており、さらにシューティング・タイトルを広く購入する平均世帯よりも高い金額を支払っています。このような高い購入率によって、Modern Warfareフランチャイズのファンは、小売店にとって貴重で非常に望ましい顧客となっています。このため、ゲーム本体だけでなく、特別版や限定版コンソールも購入させるような取り組みが行われているのでしょう。

カテゴリー_購入率

また、ニールセンのデータによると、『モダン・ウォーフェア』を購入した世帯(すべてのプラットフォーム)は、平均的なゲーム購入世帯に比べて、13歳から17歳の子供がいる(指数121)、世帯収入が10万ドル以上(指数148)、アジア系(指数141)であることが多くなっています。

...そして、プレイすることに熱心

以前のプレイレートを参考にすれば、特にPCゲーマーは『Modern Warfare 2』を手にした瞬間からコンピュータに釘付けになることでしょう。NielsenのGamePlay MetricsのPC用計測データによる過去12ヶ月の計測期間では、初代Modern Warfareのタイトルが一貫して活況であることが確認されています。 シングルゲームモードでの週平均のゲームプレイ時間は約2時間で、マルチプレイヤーでは週あたり約4時間が費やされました。 平均すると、1プレイヤーにつき週5回近いセッションが記録されたことになります。 特に、Nvidiaがスポンサーとなり、マルチプレイヤーマップパックを無料でダウンロードした2009年6月には、マルチプレイのゲームプレイがピークに達し、この月の週平均プレイ時間は6時間にまで跳ね上がりました。

メタゲームプレイ

もちろん、今後数週間のうちに、一部の PC ゲーマーのModern Warfare 2 のマラソン セッションのために、他のタイトルが移動する必要があります。NielsenのGamePlay Metricsによると、Modern Warfareの最新版(2009年9月)プレイヤーのクロスタイトルプレイデータでは、World of Warcraft、Call of Duty: World at War、Half-Life 2(COD:MWに加え)が最も頻繁に交代でプレイされており、本作の発売に伴いPCでのプレイが一段落すると予想されるタイトルです。このリストからは、このフランチャイズをプレイするPCゲーマーは、70%が男性、54%が25~54歳というプロファイルから、より伝統的でハードコアなゲームユーザーであることがうかがえます。

同じトピックを見続ける