本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ソーシャルメディア時代の到来 ブラックショーが振り返る2008年のマーケティングとウェブ

5分で読めるシリーズ|2009年1月号

By ピート・ブラックショー, ニールセン

2008 年は、マーケティング担当者や研究者にとって、ニュース価値のある--とはいえ、てんやわんやの--年だった。重要なのは、ソーシャルメディアが実験的な副業から主流となる魅力へと進化したことだ。Twitterは大きな成長を遂げ、バラク・オバマはデジタルマーケティングとユーザーエンゲージメントのルールを塗り替え、「サービスはマーケティング」ザッポス・ドットコムはブランド構築とeコマースの新しいルールを書き換えた。Facebookは上昇トレンドにあり、MySpaceは堅調に推移し、評判のブローカーであるWikipediaはGoogleの検索結果の上位に進出を続けています。

Tideのようなブランドは、スーパーボウル広告から特別な価値を引き出すためにソヸシャルメディア を使い、Comcast(全容解明:Nielsenのクライアント)はサヸビスに対する蔑視から、根本的に異なるサヸビス/エンゲヸジ ョンモデル(まだ進行中)を作り上げたのである。

企業ブログやTwittterのハンドルネームで固め、他の何十社も「ソーシャルメディア」チームを立ち上げ、ハワード・シュルツのようなCEOはCGM(例:MyStarbucksIdea.com)をターンアラウンド戦略の目玉として活用した。

ウォルマートのような小売業者は、そのウェブプラットフォームにユーザーレビューを掲載し、その多くは皮肉にも注目商品の「グリーン・クレーム」に異議を唱え、フェイスブックは「水を加えてかき回す」ファンサイトを導入したが、それはしばしばブランド支持者と同様に活動家にも魅力的であった。

IABのような業界団体はソヸシャルメディア委員会を設立し、ARFは非構造化「リスニング」を 2008-09年の議題のトップに据え、WOMMAは初めてその年次会議にIBM、クラフト、ユニリヸバ、インタヸ、ハーシー、その他の大物を引き込むことができた。

個人的なことですが、私は「満足した顧客は3人の友人に伝え、怒った顧客は3000人に伝える」(Doubleday)という本をどうにかして書き上げました。

感動を与えたマーケティングキャンペーン

- オバマ・ウェブ戦略 - みんなに力を、アドボカシーを育てる。

- アップル ジーニアス・バー- サービスは新しいマーケティングだ

- MyStarbucksIdeas.com - ブランドよりもファンの方が商品開発をよく理解しているのかもしれませんね。

-NBCOlympics.com- クロスプラットフォームの "エコシステム "を創造する

- ニューヨーク・タイムズの「コメント」 - 読者参加型が新しい価値の源泉を生む

- 空港のセキュリティボックスにザッポスの広告を掲載 - Hey, if the shoe fits!

-P&G マミーブロガーイベント- Power Moms matter... as much, perhaps as the traditional media.

CGM/ソーシャル・メディアのベスト・シンキング

- スコット・クック「ユーザー貢献システム」(『ハーバード・ビジネス・レビュー』2008年秋号)

- ニューヨークタイムズ - "Brave New World of Digital Intimacy" (9/5/2008)

- ピーター・キムのソーシャルメディア・マーケティング・リスト

- Business Week誌のカバーストーリー(Jena MacGregor著)「Consumer Vigilantes」(2008年春号)。

レベルアップしたデジタルコミュニティ

-Intuit コミュニティ

- デルコンピュータ

- ナイキ+ソーシャルネットワーク

- BlackBerryオーナーズラウンジ

- MTV コミュニティ

-WebMD

- バンクオブアメリカのスモールバンキングサイト

2008年に活躍したブロガー、インフルエンサーたち

- アリアナ・ハフィントン&ハフィントン・ポスト・チーム

- フォレスター社のジェレミー・オウヤン

-Dooce.com(トップママブログ)

- Gaurav Mishra(ムンバイの解説者)

- Xeni Jardin (Boing Boing)

- ピート・キャッシュモア(Mashable)

- B.L. Ochman(ブログ+ツイッター)

- Twitterソーシャルメディアコメンテータークリス・ブローガン

- コムキャストのフランク・エリアソン氏(Twitterより)

- マイケル・アーリントン(Tech Crunch)

- フォードのスコット・モンティ氏(ツイッター経由)

- パワーママジェシカ・ゴットレイブ

- スティーブ・ルーベル(常に的を得ている...非常に長い間)

私たちの思考を刺激したバイラルビデオ

- SNLに出演したティナ・フェイ - WOMとクロスプラットフォームプロモーションの両方の力

-Yes We Can!(オバマ大統領) - オリジナル楽曲+セレブリティ=バイラルビデオ

-Vote Different(クリントン) - 古いものは新しい

- ワサップ2008 - 名作のアップデート

- タイドステイン・スーパーボウル - 試合の前後が肝心

- "You.S.A 2008" - カスタマイズされたバイラルビデオ

インスパイアされたブログ

- パタゴニアブログ:200%本物志向、パタゴニアの信念を反映したブログ

- サウスウエスト航空- 無料のピーナッツよりも良い。

-Garmin Blog- GPSナビゲーションを実際に使ってみよう

- GM - 無敵のGoogleジュース

- マリオットCEOブログ- エグゼクティブの個性がもたらす力

- デルタ航空 - 「問題」を抱える業界に友好的な顔を見せる

ディフェンシブ・ブランディングの重要な教訓

- Facebookの「ファン」サイト。アクティビストも "表現 "するのが好き

- MotrinMoms - パワーママの重要性、そして "ソーシャルメディア "ツイッターの力

- All Brands - 時代が厳しいときこそ、「ラグジュアリー」「プレミアム」メッセージに注意...富裕層向けにも。

- ホールフーズ - デジタルトレイルは、ミスがあっても(あるいは変更されても)消すことが困難である

- コービー・ブライアント/ナイキ - 偽装を強要されても、本当に払えるのか?

2008年の話題をさらった製品

- ポケットの中にYouTubeを。フリップカメラコダックZi6

- So long keyboard, hello touch!T-Mobile/GoogleのG1、BlackberryのStorm、HPのTouchsmartPC

- まだ揺れている:iPhoneWii

2008年「ブレイジング・イノベーション・トレイル

-Ning- 自分だけのソーシャルネットワークを作ろう!...本当に?

-Twitter Grader- Twitter Graderは、Twitterのプロフィールのパワーを測定します。

-Twinfluence- もうひとつのTwitter影響力ツール

-Twitter Search- Twitterのコンテンツを検索する

-Twemes- トピックのハッシュタグを探す

-Tweetbeep- キーワードでTwitterを監視する

-Friendfeed- 友達がウェブ上で見つけた面白いものを発見し、議論することができます。

- TagCrowd - 任意のテキストから独自のタグクラウドを作成し、単語の頻度を視覚化する

- Zuula - すべてのトップ検索エンジンの検索結果を得るための便利な方法

- One Riot - Webの鼓動を見つけるソーシャルサーチエンジン

- 検索エンジン用サイト検証サービス- サイトのコードを検索エンジン用に検証します。

-Google Keyword Tool- Googleを使って関連キーワードを探す。キーワード=ブランディング

-Yammer- 企業向けTwitter

-Hulu- NBCとNews Corpの動画サイト

-GasBuddy- 安いガソリンは?

-Pandora- 無料で聴ける音楽をみんなに

必読のビジネス書

- オーナーシップ指数(HBS Jim Heskett, Earl Sasser)

- グラウンドスウェル(リー、バーノフ)

- 根本的に透明であること。レピュテーションの監視と管理

- オープンブランド(K. ムーニー)

- ソーシャルウェブへのマーケティング

- デジマーケティング

- スピード・オブ・トラスト(スティーブン・コヴィー)

- パーソナリティは含まれません(Rohit Bhargava氏)

- ティッピング・ポイント(そう、まだ関連性がある)

- ミートボール・サンデー(セス・ゴーディン)

活動家、活動家サイト、その魅力

- 消費主義者

-PETA

-Save the InternetCoalition(セーブ・ザ・インターネット・コーリション

-EFF

- 自然資源保護協議会

- ボボスフィア

ピート・ブラックショーによる2009年の新しいメディアとマーケティングの発展についての予測は、Ad Ageの定期コラムの12月号でお読みください。

同じトピックを見続ける