本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

なぜマーケティング担当者はベビーブーマーを無視することができないのか?

2分で読めるシリーズ|2010年7月

マーケティングといえば、常に若者に焦点が当てられるようです。彼らは何を観ているのか...何が流行っているのか...。その結果、メディア企業は、毎年何十億ドルも消費する(あるいは消費に重要な役割を果たす)18-34歳や18-49歳の消費者にリーチすることに重点を置いています。 しかし、広告主や消費財メーカーは、これらのグループにのみ焦点を当てることで、非常に大きな購買力を持つグループを見落としているのです:現在米国に7800万人いるベビーブーマーです。

1946年から1964年の間に生まれた、団塊の世代の最年長者は退職を始めています。 しかし、今日の中高年消費者は、以前の消費者とは異なっています。消費支出は少なく、テクノロジーに抵抗があり、新製品の導入に時間がかかるという従来の常識は見直す必要があります。 団塊の世代は、テクノロジーを熱心に取り入れる豊かな集団である(ニールセンについて 、定期的にメールを送ったり、Facebookなどに写真をアップロードしたりする両親や祖父母の数を考えてみてほしい)。 また、新しいブランドや製品を試そうとする意欲もあります。

団塊世代は、CPGの売上高の38.5%を占めているため、マーケティング担当者やCPG企業にとって重要である。 しかし、現在、35~64歳(団塊世代に加え、ジェネレーションXの後半を含む)をターゲットにした広告費は5%未満と推定される。 多くのマーケティング担当者が18~49歳をターゲットにしているため、富裕層であるブーマー層の半分以上は完全に無視されているのです。

「ブーマーは、ミレニアル世代やジェネレーションX世代と同様に、今後何年にもわたってマーケティング担当者にとって魅力的な存在であるべきで、単一消費者としては最大のグループであり、貴重なターゲット層です。 ブーマーは、ミレニアル世代やジェネレーションX世代と同様に、今後何年にもわたってマーケティング担当者にとって魅力的な存在であるべきです。

ニールセンの次の事実を考えてみてください。ニールセンについて ブーム世代。

  • 消費財1,083カテゴリー中、1,023カテゴリーを制覇
  • 最も多く動画を見る1日あたり9:34時間
  • テレビ視聴者、ネットユーザー、ソーシャルメディアユーザー、ツイッターユーザーの1/3を占める
  • 18-24代よりもタイムシフトTV(2:32 vs. 1:32)
  • DVDプレーヤーを所有する割合が有意に高い
  • 自宅でブロードバンドインターネット接続が可能である確率が高い

また、団塊世代が訪れるWebサイトは、18歳から34歳の成人が訪れるWebサイトとは全く異なると思ったら大間違いです。上位10サイトのうち8サイトは同じものでした。

年齢層別人気サイト
ランク 団塊世代向けサイト ランク 18~34歳向けサイト
1 グーグル 1 グーグル
2 ヤフー 2 ヤフー
3 ビング 3 フェイスブック
4 フェイスブック 4 ビング
5 マイクロソフト 5 ユーチューブ
6 エーオーエル 6 マイクロソフト
7 ユーチューブ 7 エーオーエル
8 ウィキペディア 8 フォックスインタラクティブメディア
9 聞く 9 アップル
10 アマゾン 10 ウィキペディア
出典ニールセン・カンパニー

多くのアナリストが個人消費の伸びを大幅に鈍化させると予測している現在、メーカーやマーケティング担当者は市場シェアを拡大するためにあらゆる機会に目を向ける必要があります。 ブーマーは、彼らにアプローチする方法を知っている人々にとって、非常に大きな可能性を示すことができます。

同じトピックを見続ける