本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

インドネシアの携帯電話普及率が5年間で3倍に増加

2分で読めるシリーズ|2011年2月

Nielsen Companyの新しい調査によると、インドネシアの携帯電話普及率は過去5年間で急増し、固定電話の数は減少しています。 2005年当時、携帯電話の所有率は20%で、固定電話はインドネシアの家庭の4分の1でした。 5年後の現在、携帯電話の所有率は54%に上昇し、固定電話の数は11%に減少しています。

「インドネシアの通信市場はユニークです。 多くの国では、消費者は「接続なし」から固定電話、そして携帯電話やモバイル機器へと移行していきますが、インドネシアの消費者はコミュニケーションツールとして携帯電話に一直線に向かうことがほとんどです。 これが、インドネシアで固定電話が普及せず、長年にわたって普及率が比較的横ばいである主な理由です」と、The Nielsen Company, IndonesiaのDirector Telecom Practice GroupであるViraj Juthaniは述べています。

この成長の多くは10代の若者が牽引しており、70%以上が携帯電話接続を持ち、10~14歳のティーンエイジャーが携帯電話を持つ数は5年間で5倍以上に増加しています。 インドネシアの若者は、音声通話やテキストメッセージよりも、インスタントメッセージやチャットを好んで使っており、携帯電話の用途のトップになっています。

インドネシア・モバイルフォン

さらに、インドネシアの携帯電話加入者の支出は5年前よりも減少しており、2005年には18%しかいなかった月々の支出が、2010年には58%の消費者が5万ルピア(@USD5)未満になりました。

"月平均の支出額の減少は、2つの要因によってもたらされている。ここ数年の関税が南へ向かったことと、さらに重要なのは、消費余力が限られた新しい消費者層が市場に参入してきたことだ」とVirajは言う。

消費者がサービス事業者を選択する際の最大の要因は依然として低料金ですが、ほとんどの消費者はネットワークの評判や友人や家族の推薦を考慮しています。これは、料金の低下が事業者選択を後押しし始めている一方で、消費者が選択する際に引き続きニールセンについて サービスの品質を気にしていることを示しています。

同じトピックを見続ける