本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

楽観と好機 米国における女性の多文化的考察

1分で読めるシリーズ|2011年11月

お金や仕事、自由な時間がないことなどでストレスを感じることが多いアメリカ女性ですが、ニールセンのレポートによると、人種を問わず、自分たちの将来や娘たちに対して楽観的な考えを持っていることが明らかになりました。明日の女性たち。U.S. Multicultural Insights"の調査結果です。

米国の様相が変化する中、あらゆる背景を持つ女性の意識と行動がますます重要になってきています。ヒスパニック系は現在最も急速に成長している民族であり、この傾向はメディア、小売、メーカーに現在そして将来にわたって多大な影響を与えることになります。楽観的なのはアフリカ系アメリカ人とヒスパニック系の女性で、特に母親と比較して自分が得た機会をどう見ているかという点では、最も楽観的であることがわかりました。

ユーウーマンオプティミズム

ニールセンについて 楽観的なのは今の女性たちだけではありません。彼らは、明日の女性たち、つまり自分たちの娘たちに対する見通しを非常にポジティブに考えており、彼女たちが今よりも多くの機会を手にすることを期待しているのです。

私たち女性の活躍の場

メディア・モバイル

男性がメディアとテクノロジーの主要ユーザーであるという固定観念にもかかわらず、アメリカ人女性はテクノロジーのヘビーユーザーです-たとえアーリーアダプターでないとしても。あらゆる人種の女性が同じようにメディアを利用していますが、ひとつだけ重要な例外があります:スマートフォンです。スマートフォンの普及率は、他の民族の女性が60%台であるのに対し、白人女性はわずか33%しかいません。

ウーマンメディア

より詳細な洞察については、Women of Tomorrowをダウンロードしてください。米国の多文化共生に関する洞察

同じトピックを見続ける