本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

米国のスマートフォンおよびタブレット所有者のショッピングにおけるデバイスの使用方法

1分で読めるシリーズ|2012年5月

ニールセンが2012年第1四半期に実施した調査によると、米国のスマートフォンおよびタブレット所有者の大多数(79%)が、ショッピング関連の活動にモバイル端末を使用したことがあることがわかりました。 スマートフォンはタブレットよりも外出先での利用が多く、「店舗の検索」(73%対タブレット42%)、「買い物中の買い物リストの利用」(42%対タブレット16%)、「モバイルクーポンの利用」(36%対タブレット11%)などが挙げられています。 しかし、タブレット所有者は、オンラインショッピングにデバイスを使用する傾向がはるかに高いです。タブレット所有者の42%が「デバイスを使って商品を購入した」経験があるのに対し、スマートフォン所有者ではわずか29%にとどまっています。

スマートフォン所有者、タブレット所有者ともに、最も人気のある行動のひとつは「購入前の商品リサーチ」です(タブレット所有者66%対スマートフォン所有者57%)。 モバイル端末を決済に利用したことがある人は比較的少ないが(スマートフォン所有者の27%、タブレット所有者の28%)、今後、全国でモバイル決済システムが展開され、米国の消費者がモバイル決済に慣れるにつれ、この数は増加すると予想されます。

ショッピング・スマートフォン・タブレット

同じトピックを見続ける