本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ジェネレーションXへのアプローチ:広告におけるオーセンティシティ

2分で読めるシリーズ|2012年11月

ブーマーや ミレニアル世代より人口は少ないが、ジェネレーションXは裕福で、テクノロジーに精通し、ブランドへの忠誠心が強いという傾向があり、市場においてユニークなキャラクターとなっている。ジェネレーションXの潜在的な購買力は、35歳から54歳のこの消費者層をマーケティング担当者にとって必見の存在にしています。

では、X世代がテレビ広告に注目する理由は何でしょうか。ニールセンの新しい調査によると、この層の男女はともに、日常の家庭や家族の営みと結びついています。ミレニアル世代などの他の層とは異なり、実社会の状況や信憑性は35-54歳の消費者に最も訴求力があります。

X世代がミレニアル世代と対照的な嗜好を持っていることは驚くことではありませんが、この年齢層の男性と女性のニュアンスは、13~34歳の男性と女性よりも微妙な違いがあるようです。X世代の男女は広告において穏やかで安全なアプローチを好みますが、Y世代はハイエナジーで過激なシナリオを好みます。

娘の運転免許取得や息子の結婚式など、節目となるイベントを利用することで、X世代の女性に感情的な訴求をすることができます。また、男性に対しては、車やスポーツなど、男性的な感性に訴える直接的なアプローチが可能です。また、本物志向の強いX世代には、生活の中で起こりうる、あるいは起こった現実的な出来事を題材にした映像が共感を呼ぶでしょう。これは、若い世代が「自分だったらいいな」という願望的なシナリオを求めるのとは異なります。

「ジェネレーションXは、ユニークな立場にあります。と、ニールセンの広告効果分析担当EVPであるジョー・スタガマンは述べています。「このことを認識することは、マーケッターにとって、X世代が共感できる本物で現実的なキャンペーンで、この人口にアピールする機会を生み出します。

メソドロジー

詳細な分析と広告効果に関する洞察を提供するリーディングカンパニーとして、ニールセンは、CMが消費者の記憶に残り、共鳴する能力を包括的にインサイト 。Nielsen TV Brand Effectは、テレビで広告を目にした視聴者を対象に、CMの影響度を測定するものです。