本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

オーディオは平日が働き時

1分で読めるシリーズ|2014年2月

あなたがほとんどのアメリカ人と同じなら、ラジオを聴くことはあなたの定期的な毎週のスケジュールの一部です。実際、12歳以上のアメリカ人の92%(2億4200万人)が毎週ラジオを聴いています。しかし、お気に入りの音楽、ニュース、トーク、スポーツ番組を聞くために、いつ、どこでラジオを聴くかは、あまり意識していないかもしれません。

ニールセンの新しいオーディオ・トゥデイ・レポートによると、全国のラジオ聴取の大部分は、フルタイムで働く人々によって家の外で行われています。この2つの要素が直接関係していることは驚くことではありません。雇用されている消費者は、平日の日中に定期的に外出する可能性が最も高いのです。そして、外出先では、他の時間帯よりもラジオを利用する可能性が高いのです。

1週間7日間で、ラジオ聴取者全体の64%が自宅から離れ、18歳から64歳までの視聴者の62%がフルタイムで働いている。この数字は、月曜日から金曜日までの1週間のうち、特に通勤時間帯(ラジオの世界ではAMドライブとPMドライブと呼ばれる)に焦点を当てると、さらに高くなります。

出典ニールセンRADAR 119、2013年12月;M-SU 6AM-MID AQHコンポジション。

同じトピックを見続ける