本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

世代間ギャップを埋める:ネットワークラジオは若く成長する

1分で読めるシリーズ|2014年9月

今日のアメリカのオーディオ事情は、かつてないほど消費者に多くの選択肢と番組の種類を提供しています。音楽、スポーツ、トーク・ラジオなど、さまざまなパーソナリティや視点は、ラジオ・コンテンツの多様性だけでなく、全米の大小さまざまな市場で毎日視聴している老若男女のユニークなオーディエンスを特徴付けています。

また、Nielsen RADARが測定する46のラジオ・ネットワークが毎週作成する全米で利用可能なコンテンツの大規模なカタログに関しては、提供される幅広い種類の番組が、従来の「ネットワーク・ラジオ」のイメージとは異なる世代も含め、さまざまな世代にアピールしています。全米で数千の放送局でコンテンツを提供するこれらのネットワークは、Nielsen Audio Todayの最新レポートで注目されており、毎週ネットワークラジオを聴く1億8100万人以上のアメリカ人(12歳以上)のプロファイルを紹介しています。

ミレニアル世代(18歳から34歳)は、全米ネットワークラジオのリスナーの4分の1以上を占めており、毎週5110万人がラダーのネットワークに接続しています。これは、ジェネレーションX(4400万人)およびベビーブーマー(4300万人)よりも多い数字です。実際、RADARネットワークラジオの全米平均聴取率が68%であるのに対し、ネットワークラジオはミレニアル世代の70%に聴取されています。

そして、この層の強い代表性は、ラジオ業界にとって良いニュースです。ミレニアル世代のネットワークラジオのリスナーは、若いにもかかわらず、10人に7人以上(70.8%)が年間75,000ドル以上の世帯所得があり、68.4%が大卒である。

同じトピックを見続ける