本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

サプライズです!サプライズアルバムセール成功の測定法

2分で読めるシリーズ|2014年10月

ニールセンについて アップルのiPhone 6とiPhone 6+の発表に合わせて、U2が「Songs of Innocence」を突然リリースしたことで、メディアはまだ騒いでいますが、「サプライズ・アルバム」は業界のトレンドになりつつあるように思えます。 

2013年7月、ジェイ・ZはNBAファイナルの試合中に流れたサムスンのCMで、最新アルバムの発売が迫っていることを発表した。ビヨンセは夫に倣って、年末にセルフタイトルのサプライズアルバムをiTunesにリリースした。デヴィッド・ボウイ、ウルフマザー、レディオヘッド、そして最近ではトム・ヨークといった他のアーティストも、近年は未発表のアルバムでファンを驚かせている。

ジェイ・Zはサムスンとコラボし、スクリレックスは無料通話アプリ「エイリアン・ライド」でアルバムをリリースするなど、リリースの方法はさまざまだが、ひとつだけ変わらないのは、予期せぬ新曲に対する消費者の反応は予測不可能であるということだ。「ビヨンセ」は、前作「4」をわずか4週間で上回る売上を記録したが、すべてのアーティストがビヨンセのようなファン層を持つわけではない。

では、サプライズ・リリースの限られたマーケティング努力は、従来のアルバム・リリースと比較してどの程度成功するのでしょうか?サプライズリリースにまつわる宣伝は、時には単一の小売業者を通じて行われ、広く配布される従来のリリースの数週間に及ぶ事前宣伝に勝るのでしょうか?サプライズアルバムは、みんながやっていると意外性がなくなるのでしょうか?

トム・ヨークとU2のそれぞれのリリースはまだ初期段階ですが、ビヨンセのアルバムを、それに続く有名アーティストの「サプライズ」アルバム3作品(およびそれに先立つジェイ・Zのアルバム)と比較し、その評価を確認しました。他のプロモーション要因や他の指標(チケット売上、ソーシャルメディアなど)が成功を定義することもありますが、私たちはサプライズアルバムの最初の4週間の売上を、各アーティストの前作と比較したいと考えました。また、各アーティストの成功の全体的な指標として、これまでのトップセールス・アルバムおよびストリームとも比較しました。

同じトピックを見続ける