本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

聴いてください。アジア系アメリカ人の消費者と音楽

1分で読めるシリーズ|2014年8月

アジア系アメリカ人のコミュニティは、米国で最も多様なコミュニティのひとつであり、数多くの言語、出身地、そして米国で最も新しい移民の一部が含まれています。そして、音楽はアジア系アメリカ人にとって重要なものであり、お互いに、自分たちの文化、そしてより広いアメリカ社会との絆を作り上げてきました。

ニールセンについて アジア系アメリカ人は1,900万人で、米国の総人口の6%を占め、2000年以来59%増加しています。アジア系アメリカ人の音楽に対する嗜好は、他の多文化層よりも市場全体を反映する傾向がありますが、新たなトレンドによって、主にアジア系消費者が牽引する米国の音楽シーンが拡大しています。

アジア系アメリカ人のデジタル習慣

オンライン・デジタル・ミュージックは、アジア系アメリカ人の間でますます人気が高まっています。音楽ストリーミングに関しては、アジア系アメリカ人は主流の音楽配信サービスだけでなく、母国語に特化したサービスも利用する傾向があります。Spotifyは、アジア系アメリカ人に人気があり、市場全体の14.4%対7.6%の差で、ほぼ2倍となっています。では、彼らはどのようなデバイスを使って音楽を聴いているのでしょうか。

多文化音楽リスナーに関するその他の考察は、関連レポートをダウンロードしてください。

同じトピックを見続ける