本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

聴いてください。音楽と多文化消費者

1分で読めるシリーズ|2014年8月

アメリカでは、音楽に国境はありません。年齢、言語、人種、収入、性別、地域など、さまざまな消費者の間で、音楽は偉大なイコライザーとなっているのです。音楽は、ますます多様化する社会を映す鏡であり、その橋渡し役であることに、人々はしばしば気づかされます。マドンナが「音楽は人々をひとつにする」と歌ったのは正しいが、その音と人の融合は、米国内外のあらゆる人種や民族の音楽ファンをパーティで歓迎する形で、ますます多文化的になっているのである。

アフリカ系アメリカ人、アジア系アメリカ人、ヒスパニック系の消費者は、米国における音楽トレンドの先駆者です。彼らは音楽テイストの発展を牽引し、音楽を消費する新しい方法を容易に採用しています。このような多文化消費者が嗜好と採用の道を開拓し続けているので、音楽の未来を理解しようとする企業は、この成長中の人口層をエンゲージメントリストの最上位に据えておくとよいでしょう。

多文化な消費者とは?

多文化な消費者は、ますますアメリカの消費者になっています。1990年以降、米国人口のうち、自らをアフリカ系アメリカ人、アジア系アメリカ人、ヒスパニック系と認識する人の割合は、24%から37%に増加した。そして、現在の米国国勢調査の予測では、2043年までにこれらのグループが米国人口の過半数を占めるとされています。しかし、18歳未満の消費者だけを見ると、2012年の米国国勢調査の予測では、少数派が過半数を占めるようになるのはわずか4年後であるとされています。

多文化音楽リスナーに関するその他の考察は、関連レポートをダウンロードしてください。

同じトピックを見続ける