本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ウェアラブルBluetoothユーザー、常時接続の消費者

2分で読めるシリーズ|2014年6月

ウェアラブル」という言葉は最近よく耳にするようになりましたが、消費者が身につけることのできる接続デバイスの種類は進化を続けています。そして、その進化に伴い、ユーザーのデータプランも進化しています。実際、ニールセンの新しい分析によると、Android搭載ウェアラブルの所有者は、平均的なAndroidユーザーよりもさまざまなアプリにアクセスし、かなり多くのデータを使用する、非常に熱心なスマートフォンユーザーであることが分かっています。

Android搭載のウェアラブルBluetoothデバイスの利用実態をEMM(Electronic Mobile Measurement)を用いて把握した分析では、2013年9月から2014年2月にかけて、これらのデバイスの利用が急増していることが確認されました。2月までに、これらのユーザーのうち250万人がフィットネストラッカーやスマートウォッチなどのウェアラブル端末を所有しており、これは2013年9月の約5倍にあたります。また、これらのウェアラブル端末所有者は、1ヶ月の間に平均14回、端末を使用しています。

消費者もメーカーも健康志向が強く、フィットネスの目標達成のためにテクノロジーを活用するようになってきました。実際、Androidスマートフォンからアクセスするウェアラブル端末の60%はフィットネストラッカー、8%はmHealth(モバイルヘルス)端末に分類されるそうです。また、自分の健康状態を把握するための機能を備えたスマートウォッチは、Androidユーザーが所有するウェアラブルデバイスの4分の1を占めています。

フィットネス機器の普及が進んだことで、フィットネスアプリの利用率も高まっています。2014年2月、ウェアラブルユーザーのフィットネスアプリのトップ3は、Fitbit(160万ユニークユーザー)、Calorie Counter & Diet Tracker by MyFitnessPal(42万9000ユーザー)、Nexercise(34万ユーザー)であった。

では、ウェアラブルユーザーはスマートフォンで他にどんなことをしているのでしょうか。ウェアラブルユーザーは、平均的なモバイルユーザーと比較して、ウェブ閲覧、SNSへのログイン、テキストメッセージ、位置情報サービスの利用が多いソーシャルブラウザーであることがわかります。また、検索サービス、電子メール、マップを利用する傾向も高い。2014年2月だけで、ウェアラブルユーザーは、12時間22分をウェブブラウザに、11時間27分をSNSに、6時間33分をテキストメッセージに費やし、平均的なモバイルユーザーよりはるかに多くデバイスを使用しています。

ウェアラブル端末ユーザーの常時接続性は、データ通信サービスやWi-Fiの利用状況全体でも確認することができます。平均的なAndroidユーザーは月に5.61GBのデータを使用しているのに対し、ウェアラブルBluetoothデバイスユーザーの平均データ使用量は9.49GBと2倍近くになっています。また、ウェアラブル端末ユーザーのWi-Fiネットワークにおける1人あたりの平均データ量は、成人の全Androidユーザーと比較して74%も多くなっています。

メソドロジー

インサイトニールセンについて AndroidユーザーのBluetoothウェアラブル端末利用状況やモバイルアプリ利用状況は、ニールセンがパネラーのスマートフォン(18歳以上、AndroidおよびiOS端末、約5000人)に許可を得てインストールする端末上のソフトウェア、Electronic Mobile Measurement(EMM)を用いて収集しました。