本コンテンツへスキップ
インサイト>FMCG & リテール

新製品をどう見るか、見るか、聞くか

3分で読めるシリーズ|2015年7月

新製品を発売する際、消費者の未充足のニーズを満たすことは当然の目標ですが、適切な製品を開発することは、成功の方程式の一部に過ぎません。マーケティング担当者は、認知度と試用率を高めるための強力な活性化戦略を必要とします。さらに、これらすべてはポジティブな製品体験によって支えられていなければなりません。しかし、消費者はどのような情報源からニールセンについて 新製品を知ることができるのだろうか?マーケティング担当者は、どこに時間と資金を投じればよいのだろうか。

メディアの進化に伴い、消費者が新製品を知るために利用する情報源も進化している。ニールセンについて 。Nielsen Global New Product Innovation Surveyでは ニールセンについて 、消費者が新製品を知るために利用すると回答した情報源を、ペイドメディア(従来型)、アーンドメディア、オウンドメディアの3つに分類している。世界的に、消費者のアーンドメディアへの依存度は高まっているが、一部のペイドメディアへの注目度は低下している。

全世界の回答者の半数以上(52%)は、テレビ広告を新製品の認知のトップソースに挙げており、これは調査した20のソースの中で2番目に高い割合ですが、これはニールセンの2012年の調査から11ポイント減少しています。しかし、2012年のニールセンの調査から11ポイント減少しています。実際、調査に含まれる9つの「ペイドメディア」ソースのうち7つは、3年間で横ばいか減少しています。重要性が増したのは、インターネット広告と動画共有サイトだけで、それぞれ1ポイント上昇しました。

「テレビは最も多くの視聴者にリーチできますが、すべてのタッチポイントで消費者とつながるためには、マルチメディアのアプローチが必要です。実際、ニールセンのブランド認知に関する調査では、テレビとデジタル広告を組み合わせることで、テレビ広告のみと比較して、ブランド想起が33%、メッセージ想起が45%向上することが示されています」*。

しかし、クリエイティブな表現も重要です。広告の用途を明確に示すだけでなく、メッセージを印象深く、説得力のあるものにするためには、感情的な文脈も重要です。つまり、優れたクリエイティブとは、イマジネーションと意味のあるコンテンツのバランスが取れていることなのです。

神話を打ち砕くニールセンについて ミレニアル世代と伝統的メディア

デジタルに精通したミレニアル世代やジェネレーションZの消費者は、年配者のように従来の有料広告では効果的にリーチできない、というのはかなり一般的な考えですが、この仮説は完全に正しいわけではありません。

ニールセンについて 新製品を知るために、若い回答者は年配の回答者よりもデジタルツールやモバイルツールに大きく依存していることは予想通りです。しかし、彼らはまた、いくつかのタイプの従来の広告を、同等かそれ以上のレベルで利用していると答えている。ジェネレーションZとミレニアル世代の回答者は、ジェネレーションXとベビーブーマーの回答者と同じ割合で、ニールセンについて 新製品を知るためにテレビとラジオを利用し、屋外ビルボード/ポスター、公共交通機関の広告、公共イベントでの広告への依存度は、年上の回答者を上回ります。

その他の調査結果は以下の通りです。

  • 消費者が新製品を試す理由の上位を地域別に詳しく紹介。
  • 先進国と発展途上国の新製品に対する意欲の違い。
  • 新製品の認知・試用における無料サンプルの有効性。
  • 新製品の世代を超えた訴求力。

詳細およびインサイト は、ニールセンのGlobal New Product Innovation Report をダウンロードしてください。

*データは、テレビで見る前にオンラインで動画広告を見た場合です。ディスプレイ広告とテレビ広告の組み合わせで評価した場合も、同様の結果が得られました。 

ニールセンについて ニールセン・グローバル・サーベイ

ニールセンのグローバル新製品イノベーション調査は、2015年2月23日~3月13日に実施され、アジア太平洋、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東、アフリカ、北米の60カ国で3万人以上の消費者を対象に調査されました。サンプルは、各国のインターネット利用者をもとに年齢と性別に応じたクォータが設定されており、インターネット消費者を代表するようにウェイト付けされています。誤差は±0.6%です。このニールセンの調査は、オンラインにアクセスできる回答者の行動のみを対象としています。インターネットの普及率は国によって異なります。ニールセンは、調査の対象として、インターネット普及率60%またはオンライン人口1,000万人を最低報告基準としています。世界消費者信頼感指数を含むニールセンのグローバルサーベイは2005年に設立されました。

同じトピックを見続ける