本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

強い影響力と文化的な結びつきがヒスパニックの高齢者の食品購買行動を促進する

3分で読めるシリーズ|2015年12月

ヒスパニックの高齢者が家族の文化的スチュワードとして尊敬されている理由はたくさんありますが、特に、ショッピングカートや家庭で反映される味わい深い伝統が挙げられます。

今日、50歳以上のラテン系住民は、進化する社会的・文化的現実の震源地にいる。この層は、一般人口よりも、一つ屋根の下で複数の世代が暮らしている可能性が高いのだ。そのため、消費行動、購買習慣、調理スタイルには、家庭内の複数の年齢層のニーズが反映されています。乾燥野菜、穀物、新鮮な卵、ミールスターター、ベビーフードなどの買い物カゴの中身は、ヒスパニック系住民全体よりも多く、50歳以上のヒスパニック系の73%が外食より内食派と答えるのも不思議ではありません。そして、何を作るかについては、62%の高齢のヒスパニック系住民が出身国のレシピを使い、調理スタイルを取り入れています。 

内食志向を裏付けるかのように、これらの消費者は一般消費者よりも頻繁に買い物をする。実際、50歳以上のヒスパニック系消費者は、すべての主要部門の75%近くにおいて、非ヒスパニック系白人の消費者よりも頻繁に購入しています。ヒスパニック系ブーマーは非ヒスパニック系白人の同世代よりも倉庫型クラブストアに行く回数が多く(17回対13回)、グレートジェネレーションヒスパニックは食料品店に行く回数が多く(71回対64回)なっています。 

ヒスパニックの高齢者にとってのもうひとつのショッピング・チャンネルは、ボデガ(Bodegas)である。ボデガは小規模の独立系市場であり、料理に使う日用品や、他の店では手に入りにくかった伝統的なエスニック商品を数多く扱っている。ボデガは、ヒスパニック系住民が、自分たちの出身国の好きな食べ物や味に再び出会うことを可能にしてくれます。かつてボデガは、スパイスやマリネ肉、その他のエスニック料理など、多くの自国産品の唯一の供給源でしたが、ボデガの市場シェアにより、従来の小売業者は熱心な買い物客の文化的背景に注目するようになりました。

ブランド志向

また、50歳以上のラテンアメリカ人は、ストアブランドやプライベートブランドよりもブランド品を好む。この傾向は年齢が上がるにつれて強くなり、このグループの最年長の買い物客(65 歳以上)は、昨年ストアブランド商品を 75 回購入したのに対し、ブランド商品を少なくとも 141 回購入しています。全体として、高齢のヒスパニック系消費者は、他のヒスパニック系および非ヒスパニック系白人の消費者よりもブランドへの忠誠度が高いことがわかります。この傾向は、母国のブランドに対する強い親近感と慣れからきていると思われ、この感情は購買を決定する際の強い推進力となっています。 

ヒスパニックの高齢者は健康に気を遣っている

オーガニックブランドのマーケティング担当者や広告主は、高齢のヒスパニック系住民と接点を持つチャンスに恵まれています。伝統的な調理スタイルがヒスパニックの高齢者の家庭で役割を果たしているように、健康的な食習慣もまた同様です。ブーマーとグレイテストジェネレーションのヒスパニック、特に外国生まれのヒスパニックはともに、定期的にオーガニック食品を食べていると答えています。さらに、外国生まれの高齢ヒスパニックと米国生まれの50~64歳のヒスパニックは、ヒスパニック系以外の白人と比べて、ジャンクフードを家に入れないと答える傾向が顕著に高い。 

ニュー・アメリカン・バンガード」からの追加考察。ラテン系50代以上のレポートには、以下のような考察が含まれています。

  • ヒスパニック系ブーマー(50-64歳)は、月に162時間、従来のテレビを視聴している。
  • 65歳以上の外国生まれのヒスパニック系住民は、携帯電話をエンターテインメントの源として考えており、ヒスパニック系以外の白人と比べて84%高い水準にある。

メソドロジー

ホームスキャンヒスパニックパネル。このパネルは、米国市場全体を代表し、予測可能であることを目的とした、無作為に分散された世帯のサンプルで構成されています。パネルのメンバーは、携帯型スキャナーを使用して、あらゆるアウトレットで購入したUPCコード付きの商品を記録しています。本レポートのデータは、英語優先世帯、バイリンガル世帯、戸別訪問募集のスペイン語優先世帯を含み、以下の期間のHomescanパネルデータに基づいています。2014年12月27日までの52週間。ボデガのデータは、英語優先世帯、バイリンガル世帯、戸別募集のスペイン語優先世帯を含む、以下の期間のHomescan Expanded Hispanic Panelに基づくものです。2015年6月6日を末日とする52週間。

ニールセン・スカーボロー・ヒスパニックDSTマルチマーケット2015リリース1、GfK/MRIアティテューディナルインサイトモジュール。これらのインサイトのベースは、18歳以上の成人回答者を表しており、予測:135,909,196人、回答者:122,689人。122,689).400以上の態度表明とセグメンテーションをニールセン・スカーボロのデータセットと統合することにより、この分析は2014年2月から2015年3月までの英語圏とスペイン語圏の成人における調査対象カテゴリの消費者心理を反映したものである。

同じトピックを見続ける