本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

That's the Ticket:音楽フェス参加者は、カナダで夏を迎える準備ができている

2分で読めるシリーズ|2015年6月

カナダで最も有名な2つの音楽イベント、トロントとモントリオールのジャズフェスティバルが、6月から7月にかけて開催され、夏のフェスティバルシーズンが本格的に始まりました。この2つのフェスティバルでは、合わせて4,500人以上のミュージシャンやエンターテイナーが出演し、250万人以上の観光客が各都市を訪れる予定です。カナダ人はライブ音楽の大ファンです。ニールセンのMusic 360 Canada 2015レポートによると、カナダ人の半数以上が過去1年間にライブコンサートに参加したと主張し、17%が音楽フェスティバルに参加したと回答しています。

同報告書によると、カナダ人の52%が、昨年1年間にライブ音楽イベントに参加したと回答しています。28%がメインヘッドライナーのコンサートに、21%が小規模なイベントや地元のライブハウスに、17%が音楽フェスティバルに参加しました。カナダ人の間で最も知名度が高かったのは7月の「カルガリースタンピード」で、全体の半数以上がこのイベントを知っており、次いで40%以上が「モントリオールとトロントのジャズフェス」を知っていると回答しています。

しかし、カナダのフェスティバルの観客は、単にライブイベントに夢中になっているだけでなく、熱心な音楽消費者でもあるのです。彼らは、カナダの一般的な人々の中で、1週間に音楽を聴く時間が最も長く(33時間)、チケット代を考慮しない場合でも、音楽に年間最もお金を費やしています(245ドル)。実際、半数以上が「現在よりもっとお金をかける余裕がある」と回答しています。

フェスティバルのファンは、明らかに音楽に対するモチベーションが高く、ブランドにとって大きなチャンスです。会場でのアクティベーションに加え、フェスティバル会場でのオンライン・ソーシャル活動(写真やビデオの共有、最新情報の投稿、テキストメッセージ、購入など)は、ブランドスポンサーにとって、会場にいないファンにもリーチする機会を提供することができるかもしれません。音楽の無料ダウンロードや懸賞などのアクティビティは、消費者の間で高い支持を得ています。

方法論

Nielsen Music 360 Canada Studyは、カナダにおける消費者の音楽との関わり方に関する包括的な詳細調査です。本調査のデータは、13歳以上の消費者3,500人を対象に、2015年4月12日から27日にかけて収集されました。調査は第三者パネルを用いて英語とフランス語でオンライン実施され、データは年齢、性別、人種、教育、世帯サイズに基づいてカナダの国勢調査の人口に加重平均されました。

同じトピックを見続ける