本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ウェビナー広告における音楽のパワーを解き放つ

1分で読めるシリーズ|2015年7月

音楽は消費者の生活の中に遍在し続け、その消費行動は新しいテクノロジーとアクセスポイントごとに進化しています。メディア空間が絶えず変化し、断片化が進む中、マーケティング担当者は従来の広告プログラムを補完し、オーディエンスを惹きつける新しい方法を模索しています。広告における人気音楽の使用から、スポンサーシップへの感情的な愛着の活用まで、音楽はブランドの成長を促進するための中心的な役割を担っています。

Nielsen Entertainmentのインサイト&アナリティクス担当SVPであるJulanne Schifferが、広告における音楽のパワーと効果に関する新しいリサーチ(ニールセンについて )を公開し、これらの疑問に対する答えを導きだします。

  • 広告主が音楽を通じて消費者に効果的にアプローチし、ブランド価値を創造するにはどうすればよいのか。
  • 広告主はこの情報を使って、どのようにキャンペーンで特定の感情的反応を狙うことができるのでしょうか?
  • 音楽のジャンルの違いは、広告に使われたときの注意力に影響を与えるか?
  • ファンシップ」は重要か?

ウェビナーを見る