本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

多様なコンテンツが広告費増の原動力となる

3分で読めるシリーズ|2016年11月

最近の放送では、アフリカ系アメリカ人をテーマにした番組、俳優、監督、エグゼクティブ・プロデューサーが小さなスクリーンを席巻しています。そして、広告主もそれに注目しています。

NielsenのYoung, Connected and Blackレポートによると、黒人の視聴者が多い放送テレビへの広告費(黒人の視聴者が50%を超える番組に出稿された広告費)は、2011年から2015年の間に255%増加しました。その理由は?最近の放送シーズンでは、黒人キャストや主演の黒人俳優が多く出演するゴールデンタイムの番組が多様化し、多様性を体現する番組が主流となり、より多くの黒人視聴者を引きつけるようになったからです。

2014年から2015年という最近の期間では、黒人視聴者が優勢な番組への広告費は放送テレビで158%増加し、シンジケートテレビではわずかに増加した。同時期にスポットラジオとケーブルTVでは、黒人視聴者が多い番組への広告費は減少しましたが、ケーブルTVは2015年に13億ドルと、黒人視聴者に届く広告費の最大のシェアを占めています。また、黒人視聴者にリーチする放送テレビの広告費が最近増加していることを考慮すると、ケーブルテレビは依然として、あらゆる年齢のアフリカ系アメリカ人視聴者向けに、ニッチな視聴者層向けの番組を最も包括的に提供しています。昨シーズンは、ミレニアル世代のアフリカ系アメリカ人と35歳以上のアフリカ系アメリカ人の間で、ケーブルテレビに登場するリアリティ番組が最も多く視聴されました。35歳以上のアフリカ系アメリカ人の間では、ドラマがケーブルテレビのトップ番組でした。

黒人ミレニアル世代に人気の余暇活動、テレビ・映画鑑賞

アフリカ系ミレニアル世代にとって、切望する余暇の楽しみは、大きなスクリーンや小さなスクリーンを見て楽しむことです。テレビと映画を見ることは、黒人ミレニアル世代に人気のある余暇の過ごし方であり、2つのスクリーンの間で過ごす時間は、市場全体と比較して20%多くなっています。35歳以上のアフリカ系アメリカ人は、インターネット、社会活動への参加、音楽鑑賞などが好きな余暇の過ごし方である。

テレビ、そして映画における多様性の高まりと関連して、あらゆる年齢層の黒人視聴者(特にミレニアル世代の黒人)が、新進気鋭の黒人タレントやコンテンツを後押ししており、これらのメディアや他のメディアプラットフォームにおける多様性への継続的なトレンドの最前線になっています。実際、ミレニアルズの黒人の62%が、メディアで自分と同じ民族的背景を持つセレブを見ると気分が良くなると答えています。

最近、テレビでアフリカ系アメリカ人の影響を受けた番組が急増していますが、他の業界にも追随するチャンスはまだ残っています。ニールセンについて アフリカ系アメリカ人やその他の消費者は、特に映画における多様性の欠如を声高に訴えており、ソーシャルメディアを使ってその声を増幅しています。ハッシュタグ#OscarsSoWhiteは、ソーシャルメディアが業界の変化を促進するのに役立っている一例です。このハッシュタグは、2015年のアカデミー賞のノミネーションにおいて、ほぼすべてのカテゴリーで俳優のノミネートに多様性がないことを受けて生まれました。オスカーの運営母体である映画芸術科学アカデミーは、会員の多様化をさらに進めることで、迅速な対応をとりました。Oscars.orgによると、2016年のアカデミー会員に招待された683人の俳優、監督、プロデューサー、役員のうち、以前は25%だったのに対し46%が女性、以前は8%だったのに対し41%が有色人種であり、消費者によるソーシャルメディアの活用がいかに意識を高め変化を喚起できるかを実証しています。

その他、インサイト 、ニールセンのヤング、コネクテッド、ブラックのレポートをダウンロードしてください。

同じトピックを見続ける