本コンテンツへスキップ
インサイト>イノベーション

理論から一般的な実践へ。消費者脳科学が主流に

1分で読める|ニールセン コンシューマー・ニューロサイエンス副社長 マイケル・E・スミス、チーフ・ニューロサイエンティスト カール・マーシ|ニールセン ジャーナル オブ メジャーメント Vol.1, Issue 2|2016年10月号

平均的な消費者は、1日に何千ものコマーシャルメッセージにさらされることがありますが、その多くは、その雑多な状況を打破することはできず、個人の態度や行動に明確な影響を与えることはありません。

効果的な広告と、投資に対するリターンを得られない広告を分けるものは何でしょうか。初期の考えでは、広告は事実の伝達によって機能すると考えられていました。ニールセンについて 製品やサービスの利点、そして消費者はそれらの事実を合理的に利用し、自身のニーズや欲求に照らして宣伝された利点を評価するのです。しかし、現在では、そうではないことを示唆する強力な証拠があります。最近の研究で明らかになりつつあるのは、効果的な広告は、消費者の感情的な反応を引き出すことに成功しているということです。

広告における感情の測定は難しいものですが、ブランド・マネージャーにとっては、広告に対する消費者の意識的な反応の下を掘り下げ、代わりに感情的な反応を測定するツールを見つけることが不可欠になってきています。ありがたいことに、神経科学の進歩により、これが現実のものとなりつつある。本稿では、今日の消費者神経科学のツール、その理論、それらが明らかにするのに役立つ消費者行動、そして同じケーススタディについて複数のツールを組み合わせることで達成できた最近のブレークスルーを包括的にレビューする。

同じトピックを見続ける