本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ニールセンのデジタル広告視聴率 2016年第2四半期までの米国でのベンチマークと調査結果

1分で読めるシリーズ|2016年11月

デジタル広告計測の時代において、キャンペーンの成功を示す重要な指標は、リーチとオンターゲット率(キャンペーン期間中に配信された全インプレッションのうち、ターゲットオーディエンスに配信されたインプレッションの割合)であると言われています。しかし、ターゲティング手法の進化にもかかわらず、オンライン上での年齢や性別の誤認、家族や友人とのデジタルデバイスの共有、クッキーベースのターゲティングの制限などの消費者行動により、キャンペーンが100%のオンターゲットを達成する可能性は極めて低いと言われています。Nielsen Digital Ad Ratingsは、デバイスではなく、視聴している人々に焦点を当て、これらの消費者行動を測定し、オンターゲットパフォーマンスの指標に反映しています。

このような背景から、メディアの買い手と売り手には、キャンペーンの成功を評価するための信頼性の高いベンチマークが求められています。過去5年間、Nielsen Digital Ad Ratingsはデジタルメディアを売買する際の業界標準となっています。デジタル広告レーティングのベンチマークと調査結果は、過去のキャンペーンサンプルを活用し、市場平均と比較した個々のキャンペーンの効率性を示すガイダンスとして活用されています。 

同じトピックを見続ける