本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

旅に出たい?旅行アプリの利用が旅行好きの米国人に増加

2分で読めるシリーズ|2016年5月

スマートフォンとアプリの相性は、ニールセンについて ピーナッツバターとゼリーのような相性の良さです。実際、米国ではスマートフォンの普及率、実用性、使いやすさが向上し続けており、アプリの開発と利用がそれに追随していることは驚くことではありません。Nielsen Mobile Insightsによると、2015年第4四半期、米国の18歳以上の成人人口全体におけるスマートフォンの普及率は74%(携帯電話加入者の81%)に上昇しました。米国では現在数百万のアプリが利用可能で、さらに毎日リリースされており、アプリは多忙なモバイル消費者に無限の選択肢を提供しているようなものです。

2015年第4四半期、スマートフォン所有者は1カ月あたり平均27.1種類のアプリを利用しました。新しいアプリ、デバイスの機能追加、デバイスの機能拡張など、市場全体が急速に進化しているにもかかわらず、利用アプリの数は2012年末以降、比較的安定しています。

人々が毎月アクティブに使用するアプリの総数には限りがあるように見えますが、それらのアプリに費やす時間は着実に増え続けています。2012年第4四半期以降、1人あたりの月間利用時間は23時間強から約41時間へと、77%も増加しました!アプリ1つあたりの平均利用時間もこの間伸びており、2012年第4四半期の52分から2015年第4四半期には1時間半に増えています。

ニールセンの最近の調査では、男性と女性のアプリの使い方に違いがあることもわかりました。全体として、女性は男性よりも1ヶ月あたりのアプリ使用量が若干多く、使用時間も3時間近く多くなっています。しかし、1つのアプリに費やす平均時間は、男女とも比較的同じです(女性:1:33、男性:1:27)。

ホーム&ファッションアプリは、2014年第4四半期から2015年第4四半期の間にユニークオーディエンスが最も増加(73%)し、3020万人から5240万人に増加しました。旅行アプリは、滞在時間が最も増加し、期間中に1人当たり1時間28分から2時間3分へと40%増加しました。エンターテインメントと検索、ポータル、ソーシャルネットワーキングが最大のアプリカテゴリーで、それぞれ1億6,500万人以上のユニークユーザーを抱えています。モバイルコマースも人気を博しており、コマースとショッピングのカテゴリは、2015年第4四半期のホリデーシーズンを通して1人当たり平均2時間48分の利用者が1億2500万人を超えました。

年齢別に見ると、25歳から49歳のスマートフォンユーザーは、様々なアプリにアクセスする傾向がありますが、利用時間別に見ると、ヘビーユーザーの年齢層は若干若くなっています。18歳~24歳のミレニアル世代は、アクセスするアプリの数は比較的少ないものの(25.6)、月に丸2日近くアプリを利用しており、25歳~34歳のユーザーは46分31秒間で28.2個のアプリを利用しています。

メソドロジー

インサイトニールセンについて モバイルアプリの使用状況は、ニールセンのオンデバイスソフトウェアであるMobile NetView 3.0を使用して収集しました。このソフトウェアは、パネリストのスマートフォン(AndroidおよびiOS端末を持つ18歳以上の約9000人のパネリスト)に許可を得てインストールされるものです。パネリストは英語でオンライン募集され、ヒスパニック、アフリカ系アメリカ人、アジア系アメリカ人の消費者が含まれています。

同じトピックを見続ける