本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

トラディショナルを超える。効果的なデジタル広告キャンペーンを展開する

3分で読めるシリーズ|2018年7月

米国の小売業界はますます厳しさを増しており、FMCG(Fast-Moving Consumer Goods)企業は、広告キャンペーンのROIを証明するプレッシャーにさらされています。また、プライベートブランド商品からの圧力が高まる中、「ブランドはまだ重要なのか」という問いに答えることもますます重要になってきています。

実は、FMCG製品は私たちの日常生活の中で大きな役割を担っています。歯磨き粉や洗濯用洗剤のような商品は、消費者にとって明らかに機能的な役割を果たしますが、スナック菓子や飲料のような商品は、消費者と感情的なつながりを持つことが多く、子供の頃の大切な思い出を蘇らせることさえあります。これらの製品の多くは何十年も前から存在していますが、多くの家庭用ブランドは変わっていないかもしれませんが、市場はそうではありません。

ケイデント・コンサルティング・グループによると、米国の消費財メーカーは毎年約2250億ドルをマーケティングに費やしています。そして、消費者行動がデジタルチャネルを取り込むように進化したため、マーケティング担当者はそれに応じて戦略を転換する必要が出てきました。デジタル空間の継続的な成長は、消費者とブランドとの関わり方を劇的に変化させ、新しいチャネルやデバイスの普及は、複雑な新しい機会を生み出し続けています。

デジタル空間はFMCGマーケターにとって自然な流れであり、デジタルキャンペーンはターゲットとなるメッセージを熱心な視聴者に届けるという点で優れた実績があります。Nielsen Digital Ad Ratings Benchmarks & Findingsは、広告が意図したオーディエンスに届いているかを把握する方法を一貫して広告主やパブリッシャーに提供してきました。当社の調査によると、一般的にデジタル広告キャンペーンが意図したオーディエンスに届く平均オンターゲットは60%でした。

FMCG業界におけるオンターゲット率は、主要な消費者においてさらに高くなっています。例えば、当社のデータによると、2014年第4四半期から2018年第1四半期にかけて、18歳から49歳の人をターゲットにしたFMCGキャンペーンは、69%の割合で意図した相手に到達し、業界平均と比較して他の年齢層よりも高いことが分かっています。消費者のニーズや習慣が継続的に進化する中、企業は前提条件ニールセンについて 大衆の購買行動を再評価する必要があります。

性別ごとのオンターゲット配信を見ると、デジタル広告は、18~49歳の男性では44%であるのに対し、このグループの女性では51%の確率で意図した相手に到達しており、引き続き高い成功率を示していることがわかりました。これは、人口動態の変化が消費者の行動に影響を与えている可能性があります。

しかし、ブランドは、男女のオンターゲット率の違いだけでなく、国全体の人口動態の変化に留意する必要がある。それは、キャンペーンで考慮すべき重要な要素である、世帯サイズと家族構成が変化し続けていることが主な理由です。プランニング 。例えば、ニールセンについて 18歳未満の子供と暮らす夫婦の4分の1は、父親だけが働いている家庭である。これは、ピューリサーチによると、これらのカップルのほぼ半分(47%)が父親だけが働いている家庭であった数年前とは劇的な変化を示している。役割と責任が絶えず進化する中、FMCGブランドは、消費者と効果的かつ効率的につながる方法を理解する必要があります。

メソドロジー

この記事の考察は、以下の情報源から得たものです。

同じトピックを見続ける