本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

フィリピンのデジタル広告キャンペーンはモバイルが優勢

2分で読めるシリーズ|2018年2月

フィリピンではモバイル広告がデジタル広告キャンペーンを支配し、同時にオンターゲットのモバイル広告のパフォーマンスは、2017年にデスクトップやデジタル経由で配信されたデジタル広告を上回りました。

2015年の東南アジアでの発売以来、3,000以上のデジタルキャンペーンを評価したニールセンの「デジタル広告評価ベンチマーク」レポートによると、2017年上半期、デジタル広告キャンペーンの10分の9以上(91%)がモバイルを活用し、モバイルはフィリピンのすべての報告年齢ベンチマークでデジタルとデスクトップの合計ベンチマークより高いオンターゲットの成功を達成したことが明らかになりました。

18歳から49歳の年齢層をターゲットにしたデジタル広告は、モバイルでは81%の確率で意図した視聴者に到達し、デジタル全体とデスクトップではそれぞれ77%と59%でした。

21~34歳の消費者を対象としたデジタル広告キャンペーンでは、モバイルデバイス経由で配信された広告が81%の確率で的中し、デスクトップや総合デジタル広告の到達率が41%と73%に留まったことを上回りました。

また、カテゴリー別に見ると、消費財、ビジネス・消費者サービス、コンピューター・エレクトロニクス分野の広告主は、モバイルデバイスを通じて目的のユーザーに到達するのが最も容易で、それぞれ83%、82%、81%のオンターゲットを達成しています。

Nielsen Digital Ad Ratings Benchmarks and Findings Report は、年齢層、性別、年齢範囲、広告主カテゴリー、サイトタイプ(出版社、プラットフォーム/広告ネットワーク)のデジタル、デスクトップのみ、モバイルのみの合計*において、市場平均と比較した個々のキャンペーン効果のガイダンスとなるものです。

ニールセンについて ニールセンのデジタル広告視聴率ベンチマークと調査結果レポート

本レポートには、2017年6月30日までに測定されたインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイの3,000以上のニールセン デジタル広告レーティング キャンペーンから、最低30サイト観測のデータを収録しています。サイト観測とは、1つのサイトにおいて、指定された人口層を想定した5,000インプレッション以上のキャンペーンのパフォーマンスと定義されます。サンプル数が30を超えると、安定したベンチマークを見ることができると合理的に期待できます。平均オンターゲットパーセントは、意図した層に到達したインプレッション数を、キャンペーンの総インプレッション数で割った値です。オンターゲットパーセントは、各カテゴリーまたはデモグラフィックに含まれるインプレッション数で各キャンペーンを重み付けして計算されます。加重データは、インプレッション数の多いサイト観測が最終的なベンチマークへの貢献度が高くなるように使用されます。これにより、平均的なキャンペーンのパフォーマンスをより統計的に正しく表現することができます。

同じトピックを見続ける