本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

人気上昇中のNBAがスポンサーを獲得

2分で読めるシリーズ|2018年5月

ニールセン・スポーツ・スポンサーリンクによると、NBAの人気は高まっており、米国内のファン数は前年比4%増と主要プロスポーツの中で最大の増加率を記録しています。スポーツへの注目が高まる中、2017-18年のレギュラーシーズンにおいてNBAの試合中継中にスポンサーが受けた露出額は10億ドルの大台に乗り、新たな高みへと到達しました。

Sport24の分析によると、テレビ視聴率の上昇と新しいスポンサーシップのパッチがジャージに付けられたことで、リーグとチームのすべてのスポンサーシップブランドとロケーションの累積QI(クオリティインデックス)メディア価値が前年比16%増となりました。

保険は、すべてのスポンサーシップ・カテゴリーにおいて、露出の価値でトップとなりました。また、ステート・ファームは、全体として最も価値の高いスポンサー・ブランドとなりました。リーグ全体の公式スポンサーシップに加え、ステートファームは80%のチームのバスケット支柱に表示されています。

QIメディア価値ランキングでは、自動車、スポーツ飲料、銀行、金融サービスが上位5位を占めた。アパレル・スポーツ用品、通信、宝石・時計、航空会社、ファンタジー・スポーツ会社もトップ10にランクインしています。

アリーナのネーミングライツパートナーがよく利用するバスケットボールコートの表面へのブランディングは、スポンサーの露出価値が最も高く、次いでポールパッドの順でした。

今シーズン新たに導入されたジャージパッチは、チームが所有するスポンサーシップ資産の中で7位に位置し、レギュラーシーズンを通して3090万ドルのQIメディアバリューを提供しましたが、リーグ内の30チーム中20チームがこのスポンサーシップロケーションを使用しているに過ぎません。Year in Sports Media Reportで説明したように、試合のペースが速く、カメラアングルが遠いため、イニシャルとアイコンはジャージパッチのロケーションで最も良いパフォーマンスを示しました。

スポンサーシップによるファンエンゲージメント

ブランドは、米国で最も人気のあるスポーツのひとつと関わることに価値を見出しており、スポンサーシップのエンゲージメントは前年比でわずかに増加しています。NBAファンの85%は、スポーツのスポンサーをしているブランドを検討する可能性があると答え、76%は、自分がフォローしているスポーツのスポンサーをしているブランドに忠実であると答えています。また、NBAファンの61%が、試合観戦中にスポンサーと関わったことがあると回答しています。そのエンゲージメントには、そのブランドを購入する、その企業のウェブサイトをチェックする、ソーシャルメディアでそのブランドをフォローするなどが含まれます。

5月31日にNBAファイナルが始まり、6月に2018年のチャンピオンチームが決定します。

同じトピックを見続ける