本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

政治大会期間中、ネット上で繰り広げられるプレジデントバトル

2分で読めるシリーズ|2008年9月

ニールセン・オンラインによると、副大統領候補のサラ・ペイリン知事が見出しを飾っているかもしれないが、ブロゴスフィアでの話題は依然として大統領候補のバラク・オバマ上院議員とジョン・マケイン上院議員に集中しているという。

オンラインバズ

ニールセンの分析によると、民主党大会と共和党大会の30人以上の講演者をめぐるオンライン上の議論は、オバマがマケインをリードし、ペイリン、ヒラリー・クリントン上院議員がそれに続くという結果になった。 副大統領候補のジョー・バイデン上院議員は、最も話題性のある政治家のトップ5を占めた。

順位 講演者 インデックス
1 バラク・オバマ 100
2 ジョン・マケイン 97
3 サラ・ペイリン 80
4 ヒラリー・クリントン 33
5 ジョー・バイデン 26
6 ジョージ・W・ブッシュ 12
7 ミシェル・オバマ 12
8 ビル・クリントン 11
9 シンディ・マケイン 5
10 テッド・ケネディ 5
11 ナンシー・ペロシ 4
12 ミット・ロムニー 4
13 アル・ゴア 4
14 ジョー・リーバーマン 4
15 ルディ・ジュリアーニ 3
16 フレッド・トンプソン 3
17 マイク・ハッカビー 3
18 ローラ・ブッシュ 2
19 ジミー・カーター 2
20 マーク・ウォーナー 2
出典The Nielsen Company.Nielsenの分析は、DNCのスピーカーについては2008年8月25日から29日まで、RNCのスピーカーについては2008年9月1日から5日までのオンライン消費者ディスカッションに基づいています。
講演者はネット上での話題性でランキングされ、トップ講演者を100とした指数で表示されます。

オンライントラフィック

民主党全国大会が開催された週は、BarackObama.comへのウェブトラフィックが32%増加しました。 同じ期間に、マケイン氏のウェブサイトへのトラフィックは242%増加しました。おそらく、週の後半にサラ・ペイリン氏を出馬させることが発表されたことが要因でしょう。

それでも、8月31日までの1週間で、オバマ氏のサイトへのアクセスがマケイン氏のサイトへのアクセスを2対1の割合で上回った。

サイト ユニークな視聴者

8月24日に終了する週

(000)

ユニークな視聴者

8月31日に終了する週

(000)

成長
バラクオバマ・ドットコム 2,617 3,445 32%
ジョン・マケイン・ドットコム 524* 1,791 242%
出典ニールセン・カンパニー、カスタム分析(2008年8月18日~2008年8月31日)
*このウェブサイトは、最小サンプル数の基準を満たしていません。そのため、本サイトの予測値や平均値は大きく変動する可能性があります。

オンライン広告

ジョン・マケイン陣営は8月にオンライン広告を増やし、画像ベースのインプレッションは前月比254%増、スポンサードサーチリンクは43%増となりました。

バラク・オバマのキャンペーンでは、同時期にオンライン広告のインプレッションが減少し、画像ベースのインプレッションが48%、スポンサーリンクが18%減少しました。

メディアアラートの全文を見る

ニールセンの調査結果は、TV WeekThe Boston GlobeCondé Nast PortfolioSilicon Alley Insiderで紹介されました。

同じトピックを見続ける