本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

ブーマーの紹介。マーケティングで最も価値ある世代

0分で読めるシリーズ|2012年8月

1946年から1964年にかけて生まれたベビーブーマーは、8,000万人の規模を誇ります。しかし、その規模と消費力にもかかわらず、潜在力の高いこれらの消費者は、人気の高い18~49歳の層から高齢化が始まって以来、マーケティング担当者や広告主からほとんど相手にされてこなかった。5年後には、米国人口の50%が50歳以上になると言われています。これらの消費者は、CPG全体の50%近くを消費しているにもかかわらず、彼らに向けた広告は5%未満にとどまっています。このニールセンのレポートは、BoomAgersと共同で、この機会を検証し、実用的な洞察で進むべき道を示している。

同じトピックを見続ける