本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ニールセン、2019-2020年テレビシーズンの米国におけるテレビ視聴世帯数を1億2,060万世帯と推計

2分で読めるシリーズ|2019年8月号

ニールセンの全米テレビジョンによると Household Universe Estimatesによると、2019-20年の米国のテレビ家庭数は1億2,060万世帯です。 テレビシーズンがあります。

米国における2歳以上のTV世帯数は3億730万世帯と推定される。 TV世帯は3億730万世帯と推定され、昨年より0.6%増加。米国のヒスパニック系、黒人系、アジア系世帯の増加も見られます。 また、ヒスパニック系、黒人系、アジア系の世帯も人口増に伴い増加しています。 人口増加によるものです。

Nielsenは、米国国勢調査局と全米TVパネルの情報を組み合わせて、Advance TV Universeを作成しています。 ニールセンは、米国国勢調査局と全国TVパネルからの情報を組み合わせて、5月上旬にAdvance TV Universe Estimatesを作成します。 5月上旬に発表されます。その後、各テレビシーズンの開始前に最終的なユニバース推定を配布します。 その後、各テレビシーズンの開始前に最終的なユニバース推定値を配信します。

2020年国勢調査は、昨年からの人口の変化を反映したものです。 昨年からの人口の変化とTV普及率の更新を反映しています。 市場区分と年齢・性別の人口統計学的カテゴリーごとに計算されています。 のカテゴリー別に算出されています。

さらに、地上波、ケーブル、DBS、Telco、またはテレビに接続されたブロードバンドインターネット接続を介して、従来のテレビ信号を受信するテレビを持つ米国の総家庭の割合は、現在96.1%となっています。これは、昨年の2019年の推計値95.9%から0.2ポイントの上昇となります。

Nielsenは、総世帯数および人口推計をテレビ世帯数および人口に変換するために、テレビ普及率を適用しています。2020年の米国世帯のテレビ普及率は、NielsenのPeople Meterパネル用の家庭を募集する際に収集したデータに基づいて推定されたものです。Nielsenの全国的なTV世帯の定義は、アンテナ、ケーブルセットトップボックス、衛星受信機、ブロードバンド接続といった従来の手段で映像を配信できる、少なくとも1台の動作可能なTV/モニターを持つ家庭であることとしています。

詳しくはこちらニールセンについて Nielsen TV Ratings.

同じトピックを見続ける