本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

新しいブラック・ファミリー文化。コンテンツで危機を乗り切る

1分で読めるシリーズ|2021年2月

家族で食事をしたり、礼拝をしたり、床屋や美容院に行ったりして、一緒に過ごすことが多い文化にとって、2020年は黒人家庭、特に子供のいる家庭に共通の、そして独特の障害をもたらした。その結果、多くのブラックファミリーは、ブラックカルチャーを祝うコンテンツや、ニールセンについて アメリカにおけるブラックアイデンティティの新しい関わり方を見出したのです。

今日、おそらくかつてないほど、テレビは情報収集、イデオロギー形成、地域社会とのつながりの主要なエンジンとなっている。我が国がCOVID-19、組織的不正、前例のない政治的移行という課題に直面し続ける中、ブラックファミリーが消費するコンテンツは、現実からの逃避や孤立の慰めを等しく提供する、資源であり避難所となり得るのである。

このDiverse Intelligence Seriesレポートでは、コンテンツへのアクセスや表現が今日のブラック・ファミリーに与える影響について考察しています。ブランドやメディア企業は、ブラックファミリーがこれまで以上に多くのコンテンツにアクセスし、自分たちが見られていると感じられる番組に傾倒していく中で、どのようにその需要に応えていけばよいかを理解する上で有益な情報を得ることができます。

同じトピックを見続ける