本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

第1回大統領選挙討論会の視聴者数は6,720万人

1分で読めるシリーズ|2012年10月

10月3日に行われた第1回大統領選討論会では、民主党現職のバラク・オバマ大統領と共和党挑戦者のミット・ロムニー知事の討論を、推定6720万人が観戦しました。

討論会はコロラド州デンバー大学から11のネットワークで生中継され、PBSのNewsHourの 司会者Jim Lehrerがモデレーターを務めました。

放送時間はネットワークによって異なるが、11ネットワークが午後9時頃から10時30分頃までライブ放送を行い、テレムンドはテープディレイで放送した。下のグラフは、これらのネットワークの平均視聴者数の合計を表しています。

昨夜の討論会の視聴率は、2008年のバラク・オバマ上院議員(当時)とジョン・マケイン上院議員の第1回大統領選討論会と比べて28%上昇しました。

2012年大統領選挙討論会


ネットワーク・ライブ+セイムデイ
2012年10月3日
評価 視聴者数
全世帯
40.4
46,242,000
2人以上
23.1
67,187,000
18-34歳
17.8
12,079,000
35-54歳
24.7
19,929,000
55歳以上の方
39.6
30,811,000

2008年大統領選挙討論会

2008年9月26日
評価 視聴者数
2人以上
18.1
52,418,000

2012年 ネットワークを含む。

ディベート1 - ABC、CBS、FOX、NBC、TEL、UNI、PBS、CNN、FOXNC、MSNBC、CurrentTV、CNBC

2008年 ネットワークを含む。

ディベート1 - ABC、CBS、FOX、NBC、テレフューチュラ、テレムンド、BBC-America、CNBC、CNN、FOXニュース、MSNBC

同じトピックを見続ける