本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

NBAオールスター・ドラフトでファンを魅了したFast Fingers

2分で読めるシリーズ|2019年2月号

全米プロバスケットボール協会(NBA)は、ファンとのエンゲージメントに関して高いハードルを設定しています。ソーシャルメディア上でその価値をアピールしたいグローバルスポーツのライツホルダーにとって、NBAは#goalsです。2019年NBAオールスターウィークエンドに向けて興奮が高まる中、リーグは史上初めてNBAオールスタードラフトを観戦する機会をファンに提供しました。

Nielsen Social Content Ratingsによると、この番組はその日のソーシャルメディア上で2番目に話題になったニールセンについて 、Twitter、Facebook、Instagramで140万回のインタラクションがありました。(140万件のインタラクションのうち、82%がInstagramで、12%がTwitterで、6%がFacebookで計測されました。

ソーシャルメディアで価値をアピールしたいグローバルスポーツのライツホルダーにとって、NBAは#goalsである

インタラクションは、放送の3時間前から3時間後(現地時間)までにFacebook、Instagramのビジネスアカウント、Twitterで行われた関連するソーシャルメディア活動の総計を示す指標です。

ソーシャルインタラクションのピークは、チームキャプテンのレブロン・ジェームズとジアニス・アンテトクンポが最初の選手を選んだ午後7時21分(日本時間)、Twitterで4,000件のインタラクションを記録したときでした。チーム・レブロンがゴールデンステート・ウォリアーズのケビン・デュラントを、チーム・ジアニスが同じくウォリアーのステファン・カリーを最初の指名選手として選びました。

Twitterで2番目に話題になったニールセンについて の瞬間は、ベン・シモンズとラッセル・ウェストブルックのトレード後の数分間で視聴者がツイートした午後7時26分(東部標準時)でした。3番目に話題になったニールセンについて の瞬間は、レブロン・ジェームズがニューオーリンズ・ペリカンズのスター選手アンソニー・デイヴィスを得るためにすべての選手をトレードしたことに触れたチャールズ・バークレイの冗談後の数分間の視聴者のツイートで午後7時34分(東部標準時)に起こりました。

Twitterのハッシュタグでは、#nbaallstar、#teamlebron、#teamgiannisが上位を占めました。チームキャプテンのTwitterでの言及量が最も多く、次いでシモンズ、ウェストブルックでした。

Nielsen Sports Sponsorlinkによると、NBAファンの24%がオールスターゲーム自体を "絶対に見ない "イベントと考えている。ブルックリン・ネッツ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、マイアミ・ヒート、ロサンゼルス・レイカーズ、クリーブランド・キャバリアーズのファンが最も観戦する可能性が高いという。そして、ミネソタ・ティンバーウルブズのファンは最も興味がないが、ティンバーウルブズのカール・アンソニー・タウンズがチーム・レブロンの予備登録選手となったことで変わる可能性がある。

2019年NBAオールスターゲームは2月17日(日)、ノースカロライナ州シャーロットで開催されます。

同じトピックを見続ける