本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

2020年のストリーミング・イネーブルメントがメディアをどう変えたか

1分で読めるシリーズ|2020年10月

今年のストリーミングビデオの消費の伸びを見ると、イースターサンデーは、ニールセンがこれまで測定した中で最もストリーミングビデオの消費が多かった日として際立っています。その後、特に在宅勤務が緩和され、暖かい季節になると、メディアの総使用量は正常化し始めました。しかし、今日のメディア消費は、特にビデオストリーミングの分野を見ると、3月以前と同じように見えるというわけではありません。実際、Nielsenの製品戦略担当SVPであるBrian Fuhrer氏は、自宅待機期間中に行われたストリーミングの普及は、複数の休日が一度に普及したようなものであったと述べています。 

現在、ストリーミング視聴時間の26%を高齢者層が占めていることから、メディア業界に対する長期的な影響について理解を深めるため、この期間におけるストリーミング消費の推移について、Brian(ニールセンについて )に話を聞きました。また、Brianは、従来のメディア企業の多くがストリーミングの分野を開拓しており、特に映像に貪欲な消費者に提供する大規模なコンテンツライブラリを持つ企業について、その見通しを述べています。これらの新規参入企業はストリーミング配信をさらに細分化しており、ブライアンは「コンテンツはどれだけあれば十分なのか」と自問しています。ブライアンは、「コンテンツはどれだけあれば十分なのか」と自問しています。

その他の洞察については、次回のセミナーにご参加ください。 SVODを超える: 広告付きストリーミングの成長を利用するウェビナーにご参加ください。