本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>多様性

ニールセンのビデオシリーズで、米国の著名なヒスパニック系メディア関係者に「なぜ代表性が重要なのか」を問う

2分で読めるシリーズ|2018年9月

米国には5,600万人以上のラテン系住民がおり、全人口の17.6%を占めています。また、米国で最も急速に成長している層のひとつでもあります。ラテンアメリカ系消費者に関する当社の最新レポート「Descubrimiento Digital」では、ラテンアメリカ系消費者のオンライン生活を紹介しています。ラテン系消費者についての最新レポート「Descubrimiento Digital:The Online Lives of Latinx Consumers」では、ラテン系消費者は、映画やテレビで自分たちの姿をもっと正確に映し出してほしいと強く望んでいます。  

しかし、より大きな表現力を求めているのは消費者だけではありません。これは、米国のメディア界全体で顕著になってきている感情です。Nielsenは、ラテン系コミュニティの影響をメインストリーム文化に正確に反映させるためには、ラテン系コミュニティを適切に表現することが重要であることを理解しています。このトピックに関するさらなる見解として、メディア界で活躍する 4 人の著名なラテンアメリカ人に、なぜ表現が重要であるかについての考えを語ってもらいました。

  • ユニビジョン社のイリア・カルデロン氏は、米国の主要ネットワークでニュースデスクのキャスターを務める初のアフロ・ラティーナです。
  • カルロス・ポンセ、プエルトリコの俳優、歌手、作曲家、テレムンドのテレビパーソナリティ
  • パメラ・シルバ・コンデ氏(ペルーのエミー賞受賞ジャーナリスト、平日のニュースマガジン "Primer Impacto" の共同キャスター)。
  • アンジェラ・ススタイタ=ルイス氏(メキシコ系アメリカ人、Hispanicize Media Group の共同設立者兼パートナー、多文化なミレニアル世代とジェネレーションZの消費者向けの番組を専門とするマルチプラットフォームメディア会社)。

「ヒスパニック系コミュニティが米国で繁栄し続ける中、彼らが米国の主流文化、メディア、経済に与える影響を認識し、理解することがこれまで以上に重要になっています」と、ニールセンのグローバルコミュニケーションおよび多文化マーケティング担当SVP、アンドリュー・マッカスキル氏は述べました。「このビデオシリーズは、ラテンアメリカ人コミュニティの多様性を紹介しながら、その声を伝えることを目的としています。私たちは、数ヶ月にわたってビデオを共有します。なぜなら、遺産、歴史、誇りの月だけでなく、1年365日、多文化な消費者の関心を引くことが重要だからです。

これら4つのビデオは、業界の対話ニールセンについて 多様性、表現、そして多文化化が進む消費者環境におけるハリウッドの未来に貢献することでしょう。米国のテレビと映画全体の俳優の構成を見てみると、ラテン系の俳優が話し役に占める割合はわずか5.8%である。

*ニールセンは、性別不詳の意味合いでLatinxという言葉を使用しています。今回の決定は、女性、LGBT+、ノンバイナリーのヒスパニックをより多く含めること、そしてソーシャルメディアや学術的な文章においてこの用語の人気が高まっていることを意識したものです。