本コンテンツへスキップ
インサイト>スポーツ・ゲーム

レポート アメリカ人が真剣ニールセンについて カジュアルゲームの遊び方

2分で読めるシリーズ|2009年9月

ソリティアは、World of Warcraftと同じくらい厄介な存在かもしれません。カジュアルな電子ゲーム(カードゲーム、パズルなど)のユーザーは、非カジュアルゲーム(ロールプレイングゲーム、シューティングゲームなど)のユーザーよりも1回あたりのプレイ時間が短いものの、数ヵ月後にまた戻ってくる可能性は同じくらい高いのだそうです。Nielsen Companyの新しいレポート「Insights on Casual Games」では、800以上のPC用カジュアルゲーム(制作費が安く、コンセプトが単純で、習得しやすく、遊び方が簡単と定義)のデータを調査しています。

ニールセンのゲーム部門でマーケティング・アナリストを務めるブラッド・ラッカは、「カジュアル・ゲームは、特にこの経済環境下で非常に人気があり、一般的なハードコアPCゲームよりも幅広い層のユーザーを楽しませています」と述べています。カジュアルゲームは、10代や20代の若者といった従来の「ゲーマー」だけでなく、専業主婦や定年退職者、若い子供といった広告ターゲットも引き込みます。"

2009年上半期のデータによると、4100万人のアメリカ人が平均してカジュアルゲームをプレイしています。ニールセンが2009年5月に追跡調査したカジュアルゲームの上位20タイトルのうち、カードゲームは88%のカジュアルゲーマーがプレイしており、圧倒的な人気を誇っています。パズルゲームは9.5パーセントでダントツの2位でした。

カジュアルゲーマーは、非カジュアルゲーマーの半分以下の時間しか1セッションに費やしません。カジュアルゲームのセッションは平均31分であるのに対し、ノンカジュアルは2倍以上の80分でした(World of Warcraftは平均プレイ時間が120分近くあり、この平均を押し上げるのに貢献しました)。

カジュアルゲーマーがまた戻ってくる

7ヶ月間の測定で、カジュアルゲームの再プレイ率は、ノンカジュアルゲームと同等かそれ以上であることが判明しました。たとえば、ニールセンについて 7ヶ月の間にMicrosoft Solitaireを少なくとも1回プレイした4700万人のユニークゲーマーのうち20%が、測定した7ヶ月の間にそれぞれ少なくとも1回はこのゲームに戻ってきました。これに対し、ニールセンについて 2ヶ月以上プレイした500万人のWorld of Warcraftプレイヤーのうち12%が、毎月少なくとも1回はこのゲームに戻ってきています。

毎月のようにゲームをプレイするかどうかは、コストに大きな影響を受けません。Nielsenの調査によると、無料のMicrosoft Solitaireと有料のGreat Escapes Solitaireのプレイヤーの間で、ゲームの継続的なプレイ率はほぼ同じでした。

カジュアルゲームでは女性が58%と過半数を占め、男性の世界であるノンカジュアルゲームから大きく変化している。また、カジュアルゲーム以外のシューティングゲームでは75%、ロールプレイングゲームでは63%が男性である。また、メモリ容量も、カジュアルゲームのプレイヤーが0.5~1ギガバイト程度であるのに対し、ノンカジュアルゲームのプレイヤーは平均2ギガバイト以上と、かなり大容量のコンピュータを持っている傾向があります。

ニールセンのカジュアルゲームに関する考察をダウンロードする