本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

ケーススタディ消費者脳科学を活用した「スーパーになる」こと

0分で読めるシリーズ|2016年7月

パスカルの言葉を借りれば、"もし時間があれば、もっと短い手紙を書いただろう "ということです。簡潔な手紙を書くのに労力がかかるように、一度作った広告の内容をカットするのにも労力がかかることが多い。放送時間がコストに比例する業界では、特に重要なことです。イギリスの多国籍企業Vodafoneは、時間と費用を削減するために、Nielsen Consumer Neuroscienceを採用し、ある広告に圧縮アルゴリズムを適用させました。ストーリー性を損なわずにクリエイティブを凝縮するこの技術は、成功に等しいものでした。

同じトピックを見続ける