本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

車載広告:総予算は多め、1台あたりはやや少なめ

2分で読めるシリーズ|2019年5月

オランダの自動車産業では、ここ数年、広告宣伝費がほぼ継続的に増加している。10年の間に、輸入業者の共同予算はほぼ直線的に68%以上増加している。メーカーと輸入業者のマーケティングコストに大きな圧力がかかっている。

これは、AUMACONが Automobiel Managementのために編集されたNielsenの数字からも明らかである。

どのブランドも、メディアの圧力を緩和し、目立たなくする余裕はありません。いまや誰もが皆と競争しています。ブランドはますます似通ってきています。だから、視認性が不可欠なのです。

2018年後半に輸入が加速する

昨年は、2017年より3.5%多い、4億4600万グロスユーロ以上の総予算で幕を閉じました。上半期はそうはいかなかった。H1-2018では、「だけ」は1億8100万ユーロのためにスパイクされました;ニールセンについて 2017年の上半期よりも22パーセント少ない。したがって、輸入業者は、後半に多くのガスを与えた。

ルノーは、市場にかなりの圧力をかけ続けています。昨年、わが国では、ほぼ6300万ユーロの予算でこのブランドを支えた。販売台数1台につき1,631ユーロに換算すると、ボリューム・ブランドとしては天文学的な額である。ルノーの昨年の新車販売台数は、市場全体が7%増加した中で、ほぼ6%減少している。

韓国勢は昨年もメディアという武器に頼った。現代自動車は、3400万ユーロ以上の予算を倍増し、このように販売された車あたり€2,221の金額を費やしました。カントリーマン起亜は、車あたり1,137ユーロのために良い、ほぼ3000万ユーロの予算に登った。結果ヒュンダイはブランドランキングで13位に上昇し(2017年は14位だった)、キアは7位から5位に上昇した。ちなみに市場全体の平均額は、2017年の1,041ユーロから2018年は1,005ユーロに減少している。

テレビは引き続き最も重要なチャネル、オンライン支出は大幅に増加

新聞はまだ2%しか占めていない メディアバイヤーのお気に入りは、依然としてテレビが圧倒的に多い。2年間減少していたテレビ広告に、2018年はほぼ7%多く費やされました。自動車広告ユーロ全体の58%以上がテレビ向けです。起亜、日産、トヨタ、三菱、シトロエンなどのブランドは、全予算の4分の3以上をテレビに費やしています。一方、フォルクスワーゲンとメルセデス・ベンツは、テレビの使用範囲は非常に限られており、両ブランドともラジオの方に大きく傾いています。

メディアランドでの勝者は、主にインターネット(オンライン・ディザップリ広告)です。このメディアは2018年にほぼ5600万(グロス)ユーロを稼ぎ出し、記録を更新した。他のメディアが残りを分配することもある。アウトオブホーム(ビルボード)は、それへの支出が15%減少したものの、1700万ユーロとまだそれなりに健闘している。

本記事は、2019年3月に「自動車管理」に掲載されたものです。

同じトピックを見続ける