本コンテンツへスキップ
ニュースセンター>

2014年1~2月のメディア総支出通信費は約7%減

2分で読めるシリーズ|2014年3月

2014年1~2月の電気通信分野のメディア総支出は、前年同期に比べ7%近く減少した。電気通信分野の総メディア支出の3分の2を占めるマルチプレイサービス(電話+インターネット+テレビ)のメディア支出は、1.6%減少した。このことは、ニールセンの「マーケット・アップデート・テレコミュニケーション」から明らかである。

2014年1~2月の通信に関するメディア総支出は、4550万ユーロに減少した。マルチペイサービスへの支出は 3100 万ユーロ弱に減少した。ケーブル事業者、特にインターネットプロバイダーのメディア総支出は力強く増加しました。

通信セクターの最大の広告主はボーダフォンですが、支出は15%以上減少して1030万ユーロとなりました。35%減のKPNのメディア総支出(750万ユーロ)の落ち込みはさらに大きかった。大きな利益を得たのはZiggoとUPCで、ともに2014年には前年同期の2倍の支出を行った。ニールセンについて 。今年初め、UPCの親会社であるLiberty Globalが競合のZiggoを買収することが発表されたが、両者ともメディア予算を大幅に増やしたことが印象的であった。

テレコムのテレビに対する総メディア支出は、2014年の最初の2ヶ月で9%減少した。そのため、最大のメディアタイプのシェアはほぼ38%になった。日刊新聞は依然として22%近いシェアを持つ第2種の通信メディアであるが、支出は30%近くも激減した。2014年はラジオの利用が大幅に増え、支出は75%以上増加して860万ユーロとなった。こうしてシェアは2013年の10%から、2014年の最初の2ヶ月で19%に拡大した。

ニールセン以上

Nielsen Holdings N.V. (NYSE: NLSN) は、マーケティング情報および消費者情報、メディアおよびリーチ調査、オンライン情報およびモバイル測定において主導的な地位を占める世界的なマーケティング情報および調査会社です。ニールセンは約100カ国で活動し、米国ニューヨークとオランダのディーメンに本社を構えています。詳しくは、www.nielsen.com。

連絡先

Berry Punt, Marketing Manager, +312084316212Berry.Punt@nielsen.comStephanieManning, Digital Marketing & Outreach Manager, +31 (20) 3988238Stephanie.Manning@nielsen.com