本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

データドリブンなビデオ広告の未来

1分で読めるシリーズ|2014年3月

テレビからタブレット、コンピュータ、スマートフォンに至るまで、テクノロジーは消費者の動画への関わり方を変え、ひいてはメディアや広告会社のビジネスのあり方をも変えているのです。動画広告は、米国で巨大な成長市場であり、テクノロジーがその進化を促進しています。

クロススクリーン動画市場の変化、すなわち今日の課題と明日の機会について理解を深めるため、ニールセンとサイマルメディアは、メディア業界の各方面から研究者、マーケティング担当者、経営幹部の中心人物を集めました。約40名の参加者の総意は、テレビ広告費はオンライン・ビデオ広告を上回り続け、オンライン広告市場の一部門として成長するだろうというものでした。しかし、これらの会話から、オンラインとテレビのビデオ広告市場は当分分離したままだが、統合に向けた動きは本物であり、加速していることが示されました。 

動画時間は依然としてTVが主流

テレビは1950年代から米国の家庭に普及し、現在ではほとんどの家庭で見ることができます。現在、2億8300万人のアメリカ人が毎月平均146時間以上テレビを視聴しています。