本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

今こそ、恐怖ではなく事実を:アジア系アメリカ人は自分たちの役割を果たそう

5分で読めるシリーズ|Strategic Community Alliances担当 VP Mariko Carpenter|April 2020

犬の散歩に出かけるとき、初めてフェイスマスクをつけることにしたのだ。ニューヨークの三番街を渡ろうとしていたとき、怒った男が近づいてきて、怒鳴りながら、罵声を浴びせて歩いてきた。私はすぐに犬を抱き上げて車庫に逃げ込みました。何を言われたのか、今となっては思い出せませんが、「中国に帰れ」というメッセージは明らかでした。中国に帰れ」。ニューヨーカーとして生きてきた私でさえ、心が揺さぶられた。

それ以来、ニールセンについて アジア系アメリカ人が、私が経験した言葉による嫌がらせよりもはるかにひどい行為の犠牲になっているという見出しを数多く目にし、アジア系アメリカ人コミュニティは活気づきました。草の根のコミュニティ組織が意識を高め、アジア系アメリカ人のインフルエンサーが#washthehateのようなソーシャルメディアキャンペーンを組織し、すべての有色人種のコミュニティの選出議員が反アジア人差別を非難しています。これらの記事で取り上げられたアジア系アメリカ人コミュニティの情熱とリーダーシップは、私の誇りです。私たちは、黙って見て見ぬふりをするようなコミュニティではなく、声を上げるべきコミュニティなのです。 

この話題は、私の娘たち(たまにですが、犬の散歩もしています)、友人、アジア系アメリカ人社員リソースグループ、そしてニールセンのアジア系アメリカ人外部諮問委員会のメンバーと、私の周りで会話の焦点となったのです。私たちは皆、人種差別が真っ向から間違っていることに同意していますが、アジア系アメリカ人がこうした憎悪の行為にどう対応すべきかという 点については、ばらつきがあります。一部のアジア系アメリカ人にとっては、私たちのコミュニティを誇りに思うような取り組みそのものが、パンデミックの焦点から外れていると考えられているのです」。アンドリュー・ヤンは、4月1日付のワシントン・ポストの論説で、アジア系アメリカ人は "アメリカらしさ "をもっと発揮して人種差別に対抗すべきだと、自らの見解を示しました。もちろん、アジア系アメリカ人は彼のメッセージを拒否し、この国に属していることを証明する責任があるとほのめかすTwitterの嵐が続きました。 

ここで私は、感情的な思考からデータ駆動型の論理へと移行することを選択しました。ニールセンについて 私にとっては、これはニールセンについて というより、私たちの社会に存在する偏見です。偏見が無知に根ざしているならば、人々が理解できるデータで無知と戦うことができます。アジア系アメリカ人は外国人ではなく、紛れもなくこの偉大な国に不可欠な存在なのです。 

アジア系アメリカ人は、COVID-19との戦いの最前線に立ち、自らの命を危険にさらして他者を助けています。この国の現役医師のほぼ5人に1人がアジア人であり(1)、アジア系アメリカ人は全人口と比べて医療・健康関連分野に従事する割合が39%も高い(2)。もし、私に嫌がらせをした男性がニューヨークの病院に入院することになったら、私に似た人が差別なく治療してくれる可能性は十分にあるのだ。

アジア系アメリカ人は、コロナウイルスの感染拡大に対していち早く対策を講じました。アジア系アメリカ人の世帯は、全人口と比較して、高齢者がいる多世代世帯が40%多く(3)、彼らは特にCOVID-19による重症化を受けやすいと言われています。アジアの報道機関からのウイルスの重症化に関する情報を武器に、アジア系アメリカ人は1月から2月にかけて、ニールセンのデータに基づいて、全人口の3倍の割合で、感染拡大を抑えるための医療用マスクの購入を開始しました。また、アジアでは病人が他人に感染させないための礼儀として、医療用マスクを使用することが一般的であることも事実である。 

アジア系アメリカ人は消費者として、また納税者として経済を活性化させているだけでなく、この国で働く500万人以上の労働者の雇用主でもある(4)。私がよく行くネイルサロンのオーナーであるキムさんや、向かいのタイ料理店を経営する二人の兄弟のように、アジア系アメリカ人が経営するビジネスは、全米で200万件にのぼります。そのうちの42%が「宿泊・飲食サービス業」と「小売業」であり、全企業の21%に過ぎない(5)ことから、アジア系アメリカ人のビジネスは大きな打撃を受けている。言うまでもなく、全米のチャイナタウンのビジネスでは、1月から収益が減少傾向にあり、これは、最初に「中国版ウイルス」として宣伝されたものとの関連性を顧客が恐れているためである。ニューヨーク市は、コロナウイルスの最初の感染者が確認される前から、根拠のない差別に直面している企業を支援するために、「 チャイナタウンに愛を示そう」キャンペーンを展開しています。

私たちは、致命的なパンデミックと戦っています。アジア系アメリカ人は、自分たちの役割を果たし、他のみんなと肩を並べています。この未曾有の時に、私は人間性を共有することの大切さを学びました。孤立して座っていても、これほど世界とつながっていると感じたことはありません。この戦争に勝てるかどうかは、私たち一人ひとりが相手を守るために行動を起こすかどうかにかかっているのですから、私たちのコミュニティに対する差別を許してはいけません。

:本報告書でアジア系アメリカ人とは、いずれかの資料において、アジア人単独または他の人種との組み合わせ、ハワイ先住民単独または他の人種との組み合わせ、その他の太平洋諸島民単独または他の人種との組み合わせで分類されている者を指す。

情報源

  1. aamc.org
  2. アメリカン・コミュニティ・サーベイ(ACS)2018年1年推計、PUMSファイル、エスニファクト社集計
  3. アメリカン・コミュニティ・サーベイ(ACS)2018年1年推計、PUMSファイル、エスニファクト社集計
  4. 2016年米国国勢調査「2012年企業オーナー調査」の公表について
  5. 2016年米国国勢調査「2012年企業オーナー調査」の公表について

詳細ニールセンについて アジア系アメリカ人コミュニティを支援する非営利団体。

同じトピックを見続ける