本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

広告と視聴者メディアの現状

1分で読めるシリーズ|2014年5月

広告の世界は、人口の変化とメディアの断片化という2つの要因に大きく影響され、かつてないスピードで進化しています。人口の変化により、より若く、より多様で、より技術に精通した消費者層が形成されつつあります。しかし、視聴の選択肢が爆発的に増えたことで、彼らとの接点はより複雑になっています。現在、視聴者は、お気に入りの番組を見たり話したりするために、プラットフォームをシームレスに移動しています。ニールセンについて 。米国のスマートフォン所有者の実に86パーセントが、テレビ視聴中に自分のデバイスをセカンドスクリーンとして使用しており、約半数が毎日それを行っていると答えています。

広告主は、オーディエンスとどのように関わっているかを理解し、広告効果を最大化するために、スクリーン間で共通の測定基準でオーディエンスの配信、ブランドリフト、売上インパクトを最適化し測定する必要があります。幸いなことに、最大の反響を得るためにリーチとレゾナンスを最適化するデータ測定ソリューションが存在します。リーチ、レゾナンス、リアクションという「3R」は、マーケティング効果のフレームワークとして、シンプルかつ強力で、最も重要な広告パフォーマンスを理解するための実証済みの方法です。

人種/民族別テレビ世帯数(1995年〜2014年

進化しているのは視聴習慣だけではありません。米国の視聴者も変化しており、マーケターがビジネスの成長と新規顧客の開拓を目指す上で考慮すべきもう一つの重要な要素となっています。1995年からの20年足らずの間に、アフリカ系アメリカ人のテレビ視聴世帯数はほぼ40%増加し、ヒスパニック系のテレビ視聴世帯数は2倍以上に増えました。

同じトピックを見続ける