本コンテンツへスキップ
インサイト>オーディエンス

多文化スーパーコンシューマーの形成

3分で読めるシリーズ|2015年3月

多文化な消費者は、急速に米国の人口の中核となりつつあります。現在、アフリカ系アメリカ人、アジア系アメリカ人、ヒスパニック系の消費者を合わせると、1億2000万人以上(全人口の38%)にのぼります。米国国勢調査によると、これらのグループは毎年230万人ずつ増加し、2044年には人口の過半数を占めるようになると予測されています。広大な購買力とユニークな消費習慣を持つ多文化消費者は、米国における新たな消費者勢力となっています。

また、スーパーコンシューマーを考慮すれば、多文化消費者はカテゴリーを根本的に変えることができる。あるカテゴリーの上位10%の家庭の消費者、つまり「スーパーコンシューマー」は、売上の30%以上、成長の40%以上、利益の50%以上を推進することができる消費者である。彼らは、感情的な、そして多くの場合文化的なつながりに後押しされた、製品の熱狂的なファンである。15の主要な研究カテゴリーにおいて、多文化消費者がスーパーコンシューマーに偏っていることから、多文化消費者の行動を促す文化的本質を理解することは、将来の市場動向を見通すための明確な視点を提供するだけでなく、これらの成長中の消費者層と長期的かつ有利な関係を築くのに役立ちます。

今日の多文化消費者とは?

米国国勢調査の予測によると、ヒスパニック系は米国の多文化消費者グループの中で最も成長し、2020年までに人口増加の半分以上を占め、2060年には85%近くを占めると推定されています。他の多文化グループも、米国人口に占める割合が増加する。アフリカ系アメリカ人の人口は2020年までに18%、2060年までに21%まで加速度的に増加し、アジア系アメリカ人は2020年までに15%、2060年までに19%まで増加すると予想される。一方、非ヒスパニック系白人の人口増加率は減少する。この層は2020年には7%の成長率にとどまり、2030年には6%の減少に転じる。

多文化な消費者の数が増え続ければ、その購買力も増加します。すでに、米国の多文化購買力は、米国全体と比較して指数関数的に成長しており、1990年に6610億ドルだったものが、2014年には3兆4000億ドルにまで増加しています。これは、米国全体の購買力の伸びの2倍以上である。

また、持続的な購買力の伸びをリードするのは、多文化な若者たちである。昨年、多文化集団の総人口は、9 歳未満では 50%を超えたのに対し、45~50 歳では 35%、80 歳以上では 17%であった。その結果、アフリカ系アメリカ人(42.3年)、アジア系アメリカ人(52.3年)、ヒスパニック系(56.5年)の購買力の有効年数は、いずれも非ヒスパニック系白人(36.7年)を上回っています。

適切な場所で、早期に、多文化な消費者と出会う。

多文化な消費者の規模や消費力が拡大し続ける中、ブランドは多文化なインサイトを中核的なビジネス戦略に統合する必要性がますます高まっています。さらに、ミレニアル世代や若い世代に対するマーケティングは、多文化的なインサイトによって推進されなければなりません。なぜなら、若い年齢層はすでに50%以上が多文化的であるからです。幸いなことに、これらの消費者の平均寿命は高いので、これらの消費者と永続的で有意義な関係を築こうとするブランドにとって、これらの若い財布は絶好の機会を提供する。寿命が長いことと、多文化消費者の年齢の中央値が若いことの複合的な効果により、早い段階で忠誠心を築くことができるブランドには長期的な機会がもたらされます。

最後に、多文化な消費者にリーチするためには、立地条件も重要なポイントになります。ハワイ、コロンビア特別区、カリフォルニア、ニューメキシコ、テキサスでは、すでに多文化が人口の50%以上を占めています。ネバダ、メリーランド、ジョージア、アリゾナ、フロリダ、ニューヨークも多文化がマジョリティーになりつつある。このような消費者グループにアプローチし、関係を築くことは、国という広いレベルだけでなく、より個人的、地域的、超地域的なレベルでも重要なことなのです。

多文化消費者とその消費習慣(購入品目からメディアの利用方法まで)についての詳細は、ニールセンの『The Multicultural Edge: Rising Super Consumers』レポートをダウンロードしてください。 

同じトピックを見続ける