本コンテンツへスキップ
インサイト>FMCG & リテール

オンラインショッピングの魅力は何ですか?

2分で読めるシリーズ|2015年10月

インターネットは、食品の注文、映画のチケット予約、あるいはタクシーの予約など、消費者が日常的に必要とする取引の方法を一変させました。オンライン・ショッピングは、過去2年間に前例のない成長を遂げたカテゴリーのひとつです。この革命は、世界の他の地域と比較して、多くの点でインドに特有の革新的な技術に大きく導かれています。

クレジットカードの普及率の低さ、インフラの貧弱さなどが、長年このカテゴリーの成長を妨げてきました。しかし、オンラインショップは、こうした課題を克服するためのソリューションを積極的に提供しています。

キャッシュオンデリバリーというコンセプトは、多くの市場で前例のないものであり、トライアルを進める大きな原動力となっています。また、ブランドは自社で配送チームを作ることに投資する代わりに、食料品店やIndia Postなどと提携し、配送範囲を拡大することに取り組んでいます。このように、インドのオンラインショッピングサイトやアプリを成功に導く、革新的で顧客中心主義的な例は他にもたくさんあります。

興味深いのは、食料品、宝飾品、メガネ・レンズなど、カテゴリー別のオンラインショッピングサイトが登場し、これも成長を後押ししていることです。

Eコマース消費者を理解する 

インドのオンラインショッピング利用者の大部分は、主に携帯電話でインターネットにアクセスしていることが、最近の利用パターンから明らかです。報告書「Bricks to Clicks:Nielsen's Syndicated Brand Health Track on Ecommerce)」によると、インドの消費者は、ラップトップやデスクトップよりもスマートフォンを使ってインターネットにアクセスすることを好むようになった。さらに、市場が成熟するにつれ、消費者はモバイルバンキングやショッピングのような集中的なオンライン活動でさえ、スマートフォンから直接実行することにますます慣れてきているようです。

オンラインショッピングを牽引するものは何か? 

消費者がどのデバイスを選択するかにかかわらず、オンラインショッピングの意思決定の大部分は、主に広告、仲間の影響、および推奨によって行われています。

魅力的な割引を期待する以外に、インターネットを頻繁に利用するインドの消費者は、オンラインショッピングをする理由として利便性を挙げている。実際、3分の1以上がこのショッピング方法を便利だと感じていると答えています。

また、実店舗で欲しい商品が手に入らないことも、オンラインショッピングを利用する人の心をつかむ要因のひとつです。実際、ファッションユーザーの3分の1は、探している商品が実店舗にないため、オンラインで商品を購入しています。

ネットショッピングの利用者は、どのようにE-TAILERを選んでいるのだろうか?

e-tailing企業のマーケティング担当者にとって、消費者が自社のマーケットプレイスやオンラインストアに忠実であり続けるにはどうすればよいかということは、極めて重要な問題である。当社の調査によると、オンライン消費者はEコマース・ブランドに忠実ですが、実験することも厭わないということです。

また、特定の電子小売業者を選んだ具体的な理由を聞いたところ、半数以上の消費者が「よく利用する同じウェブサイトから購入する」と回答し、ロイヤルカスタマーが増加していることがわかりました。

詳しくは、レポート全文をダウンロード(右上)してご覧ください。

同じトピックを見続ける