本コンテンツへスキップ
インサイト>メディア

2020年ホリデー・メディア・ポップアップ

5分で読めるシリーズ|2020年11月

最終更新日2020年12月23日

新型コロナウイルス(COVID-19)の大流行と最近の世界的な規制強化により、新たな消費行動が生まれ、ホリデーシーズンは長期化し、ほとんどがデジタル化されました。規制が強化される中、小売業者は今年前半の損失を取り戻し、低迷が予想されるホリデーシーズンを最大限に活用するために、革新的な方法で対応しています。このページでは、ニールセンのホリデーシーズンの広告・視聴に関する主なインサイトと予測をご紹介します。

広告主のためのホリデーハンドブック

慈善団体への寄付から、年末年始のバーゲンまで、ホリデーシーズンはまだ終わっていません。今ならまだ、特別なショッピングを楽しむ人たちのために、彼らが欲しいものを、彼らがいる場所に提供することができます。

ホリデーシーズンをナビゲートする

カスタマーインテリジェンスの季節

今年のホリデーシーズンほど、カスタマーインテリジェンスの必要性が叫ばれている年はないでしょう。COVID-19の大流行やデジタルショッピングの影響力が高まる中、消費者動向を読み解くカギとなるのがこの情報です。

米国では個人消費が拡大し、財布を開く準備が整った人が増えています。

ニールセン・オーディオが10月に実施した消費者ライフスタイル調査によると、53%のアメリカ人が生活が正常化し始めていると考えており、通常の活動を再開する可能性が高く、制限の許す範囲でより多くの買い物を始めていることがわかりました。

広告費の増加に伴い、ブランドは認知度向上と活性化戦略のバランスをとる必要がある。

マーケティング担当者は、広告を一時停止したり、短期的な売上にばかり目を向けるのではなく、長期的に健全な収益を維持するために、マーケティングファネルを上部から広げていく必要があるのです。

行楽シーズンが到来

ジングル・オール・ザ・タイム

毎年ホリデーシーズンになると、繰り返し聴くのは?そうです、クリスマス音楽です。実は、ここ年、「オール・クリスマス」というラジオフォーマットが増えているのです。クリスマスの流行がリスナーにどのような影響を与えるか、お楽しみに。

ホリデー広告

ホリデーシーズンにヒットする広告の大洪水は誰もが知っていることです。過去数年間、小売広告費は2017年と2018年に小幅に減少し、2.4Bドル前後で推移していましたが、2019年に再び2.5Bドルに回復しました。オンライン小売広告費はまだ比較的に小さいものの、第4四半期には2018年から2019年にかけて25%も成長しました。しかし、今年はより多くの支出がオンラインに移行し、多くの小売業者がそれ以前の月の売上の落ち込みを取り戻そうとしているため、間違いなく異なるものとなっています。2020年のホリデー広告費は、小売業の横ばい状態を打破できるのでしょうか?デジタルはどの程度成長するのでしょうか。2021年の答えにご期待ください。

ホリデーシーズン

ゲーマーに最適なギフト

ゲーマーにとって、今年のウィッシュリストには何が入っているのでしょうか?Marvel's AvengersFIFA 21Watch Dogs: Legionなど、この季節に最も期待されるゲームを Nielsen Game Rank™ がお届けします。ニールセンカンパニーのSuperDataが最近発表したブラックフライデーとサイバーマンデーのデータによると、ライブサービス型ゲームの人気も高まっており、世界的にゲーム内コンテンツ消費とデジタルゲームの人気は継続すると予想されます。実際、2020年1月から10月にかけて、米国のデジタルゲーム支出は前年比32%増であったのに対し、世界では13%増となっています

最も期待されるゲームの完全なリストを入手し、ニールセンについて ホリデーシーズンのダークホースとプラットフォーム別のリリースをお読みください。

同じトピックを見続ける