本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

アジアのモバイル消費者を読み解く

3分で読めるシリーズ|2013年9月

アジア太平洋地域におけるスマートフォンの普及が急速に進んでいます。実際、この地域の多くの市場における普及率は飽和状態に近づきつつあり、すでに米国や多くのヨーロッパ諸国における普及率を上回っています。

ファイル

ニールセンは、コネクテッドデバイスの所有者数の増加は横ばいになると予想していますが、消費者のこれらのデバイスの使用は進化と拡大を続け、企業にとって、ほとんどどこにでもあるプラットフォームで消費者と関わることができる大きな機会を提供することになると考えています。そのため、企業は、変化する接続デバイスの行動を活用し、消費者との継続的な関係を築くために、洗練されたモバイル戦略を策定することがこれまで以上に重要になってきているのです。

スマートフォンの機能向上と拡大に伴い、消費者の端末機能に対する認識や知識も向上し、消費者がスマートフォンを利用する時間は増加しています。東南アジアでは、2013年6月時点で、スマートフォン所有者が1日あたり平均3時間以上をスマートフォンに費やしています。その中で、チャットアプリ、ソーシャルネットワーキング、ゲームやマルチメディアなどのエンターテインメントに最も多くの時間を費やしています。スマートフォンの普及率はまだ100%には達していませんが、アプリの利用は急増しています。Portio Researchによると、世界ではモバイルユーザーの5人に1人(12億人)がアプリを使用しています。アジア太平洋地域では、ゲーム、ソーシャルネットワーキング、マルチメディアのアプリが最も多く利用されています。

スマートフォンによる動画視聴は、アジア、特に香港やシンガポールなどの先進国市場でも普及し始めています。一方、発展途上のアジア太平洋地域では、モバイルビデオの普及が遅れています。その結果、広告主とメディア所有者の両方にとって、モバイルビデオコンテンツがますます重要視されるようになっています。重要なのは、携帯端末でビデオを視聴している消費者のエンゲージメントが非常に高いということです。アジア太平洋地域の大半の市場でモバイルビデオを視聴している消費者は、平均して週に10回以上視聴しており、これはマーケターがユーザーとの持続的なつながりを構築するエキサイティングな機会であることを物語っています。

ファイル

また、スマートフォンの所有率と利用率の高まりは、この地域に巨大なモバイルコマースの機会をもたらしています。アジア太平洋地域の大半の市場では、モバイルコマースはまだほとんど手つかずの状態ですが、韓国や日本などの市場では非常によく発達しています。実際、2013年7月には、日本の消費者の10人に9人近く(89%)と韓国の消費者の約3分の2(67%)がモバイルコマースに参加しています。シンガポール、香港、マレーシア、オーストラリアは、モバイルコマースが普及し始めた次の大きな市場になるかもしれません。この成長が勢いを増すにつれ、モバイルコマースはアジアの小売業の未来を形作る上で、ますます重要な役割を果たすようになるでしょう。

アジア太平洋地域におけるスマートフォン利用者の増加は、広告主が消費者と接点を持つための道を開くものでもあります。モバイル広告はまだ初期段階ですが、多くの代理店や広告主は何が有効で何が有効でないかを確認するためにフォーマットを試しており、アジア太平洋地域のスマートフォン所有者の間ではモバイル広告に対する受容性が高まりつつあります。現在、最も広く受け入れられているのは、ユーザー体験を阻害することなく、無料コンテンツをサポートする広告です。その結果、モバイルプラットフォームの活用を考えている広告主は、ユーザーの全体的な体験を妨げない魅力的な体験を提供することに焦点を当てる必要があります。

モバイルテクノロジーは急速に進化していますが、その道のりは長いと言えます。しかし、モバイルユーザーと関わるためのベストプラクティスは、他の消費者と関わるためのものと何ら変わりはありません。しかし、モバイルユーザーとの関係を成功に導くには、そのチャンスと課題、そしてモバイルの行動の原動力と動機づけを理解することが重要である。

この記事は、今日のアジアのモバイル消費者について議論した最近のウェビナーに基づいています。詳細については、ウェビナーをダウンロードするか、Sagar Phadkeにお問い合わせください。

同じトピックを見続ける