本コンテンツへスキップ
インサイト>デジタル&テクノロジー

オンライン購入の背景となる理由

2分で読めるシリーズ|ニールセンNZ リサーチディレクター トニー・ボイト|2015年7月号
{“order”:3,”name”:”subheader”,”attributes”:{“backgroundcolor”:”000000″,”imageAligment”:”left”,”linkTarget”:”_self”,”pagePath”:”/content/corporate/au/en/insights”,”title”:”Insights”,”titlecolor”:”A8AABA”,”sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/subpageheader”},”children”:null}
{“order”:5,”name”:”pubdate”,”attributes”:{“sling:resourceType”:”nielsenglobal/components/content/publishdate”},”children”:null}

約200万人のニュージーランド人がオンラインで買い物をする中、何がキウイの消費者をクリックさせるのでしょうか?最新のリサーチでは、40:40:20の法則が働いていることが明らかになりました。Eコマースの主要なドライバーは、40%が利便性、40%が価格と価値、20%が商品範囲という構成になっています。   

利便性が重要 - 消費者の手元にある小売業者で時間と労力を節約。オンラインショッピング利用者の40%が、インターネットでの買い物の主な理由として、時間や労力の節約を挙げています。モバイル機器は、消費者がさまざまな場所でオンラインショッピングをするための道を切り開いており、それは便利で迅速なものです。オンラインショッピングを利用する人の約4分の1(23%)がスマートフォンで、約5分の1(19%)がタブレットで同じように買い物をしています。

価格競争とコストパフォーマンスは、オンラインショッピングを利用する人の40%が述べているように、もう一つの重要な要因です。電子小売業者は、不動産コストの削減を顧客に還元し、実店舗を下回る価格で販売できるという優位性を持っています。さらに、デジタルを販促ツールとして利用することで、余剰在庫を販売することができ、棚の一等地を無駄にすることもありません。

また、ユニークな商品を購入できることや、地元の店舗では手に入らない商品を入手できることも、オンラインショップの魅力となっています。オンラインショッピングを利用する人の20%は、地元では手に入らない商品を含む幅広い商品を購入するために、主にオンラインで買い物をします。バーチャル環境での無限の選択肢は、販売者と消費者の双方に新たな機会を提供しています。 

ニューリテール

小売業は統合されつつあり、オンラインでの閲覧がオンラインと店舗での購入に変化していることがわかります。オンラインショッパーの 57% が店頭で商品を見た後、オンラインで購入した経験があります(多くの場合、より安い価格を確保するため)が、定期的に行っているのは 5% に過ぎません。一方、ニュージーランドでは、Web-roomingが見られるようになりました。10人に8人以上(84%)のニュージーランド人が、ネットで見た商品を店頭で購入するよう促されたことがあるという。 

今こそ、デジタルと物理の両プラットフォームを積極的に利用してリサーチや購入を行う消費者が増えており、両者を区別しないオムニチャネル体験を創造することが必要です。

ニールセンについて ニールセン・オンラインリテールレポート2015

ニールセンのオンラインリテールレポートは、ニュージーランドにおけるオンライン小売業に関する唯一の詳細な情報を提供します。このレポートは、eコマース活動やショッピングパターンに関する年間指標です。調査方法は、1,100人のニュージーランド人を対象としたオンラインパネル調査、ニールセンのConsumer and Media Insightsサービス、ニールセン・オンライン・レーティングを組み合わせたものです。本レポートは現在、購入可能です。

同じトピックを見続ける